茶番劇@米朝首脳会談 | 熱党のブログ

熱党のブログ

世の中、真面目に見てみたい。
リンク、シェアはご自由に。


テーマ:

世間では、シンガポールで行われる米朝の首脳会談が大きなニュースとなっている。

歴史に残る会談だのいろいろ言われいるが、こんなもの、大掛かりな茶番劇でしかない。

長期的な目で見た場合、今回の会議というのは、まったく意味を持たないものになるだろうと思われる。

ひょっとすれば、拉致問題で日本だけが何らかの進展が望める可能性もあるが、反面いろいろと厄介なことも多くなるだろう。

 

今回の会談、

トランプ大統領にとっては自身のことを最大限にPRし、東アジアで米国が大きな力を取り戻す為には、是非とも成功させたいだろう。

北朝鮮にとっては、目先の金が欲しいのと、中国だけに頼らない欧米との繋がりを求めて世界に北朝鮮をPRしたい思惑があるだろう。

 

残念ながら、これでは北朝鮮問題はなんの解決にもならない。

トランプ大統領は、高齢であり自身の政策を急いでいる。

金正恩はそんなトランプ大統領のことを理解しており、今回の会談では、核廃絶の方向で話をするだろうが、米国の大統領が変われば再び核兵器を保持するだろう。

2〜3年米国を騙しておけば金が入るとしか考えていない。

 

北朝鮮の国家予算の大半をつぎ込み開発してきた、核兵器をそうそう簡単に手放すことはないことは誰の目からみてもわかることである。また、北朝鮮の核兵器の技術は金になるのだから。

核施設を破壊した映像などが流れているが、あんなものはただのパフォーマンスであり、根本的な技術力と肝心な道具は隠し持っていると見ておいた方が良いだろう。

 

北朝鮮が核兵器を手放し、朝鮮半島が平和になるには、中国が民主化しない限り訪れない。

中国の最大の仮想敵国は米国であり、

米国の最大の仮想敵国は中国である。

この体制が崩れない限り、事実上の米国と中国との国境である朝鮮半島は分裂したままである。

 

欧米のマスコミは実際の北朝鮮・韓国・中国・日本・台湾の東アジアの微妙な関係や歴史というものは理解できていない。

欧米の報道は、核兵器がまたひとつ世界からなくなるかも!

トランプ大統領ウェーイ!

ノーベル賞だ!

程度である。

日本のマスコミは、欧米ほどではないものの、ひょっとしたら欧米の言うように朝鮮半島が平和になるかも!!と、浅い読みをしているものがほとんどある。

そんな簡単なことではないことは、日本人や韓国人はわかっているはずである。

本来、日本や韓国がもっと積極的に、実際の東アジア情勢を世界にアピールすべきであるにも関わらず、そのチャンスを逃してしまっているのも非常に残念である。

 

 

日本にとっては、おこぼれ的に拉致問題が進展する可能性がある。

それは、北朝鮮にとっては、金になるからである。

拉致被害者を返すことは簡単なことである。

しかし、その条件として、莫大な金を要求してくるだろう。

日本は戦後補償として韓国に莫大な金を出してきた。それと同額のものを北朝鮮は求めてくるのは間違いのないことである。

流れによっては、運の良い方向に進む可能性はあるが、結局、今の安倍首相の手法では、再び拉致問題を政治の駆け引きに使われてしまう可能性もあり、そうなれば振り出しに戻る可能性もある。

拉致問題に関しては、米国頼りにならず、日本が積極的に世界にアピールし、北朝鮮に対して怒鳴る必要がある。

場合によっては、日本が核兵器を保持して、その矛先を北朝鮮だけに向けるくらいの覚悟が必要だろう。(あくまで覚悟という意味の話だ)

 

 

明日(日付が変わって本日だが)、よほどのことがない限り、順調に会談は進むだろう。

一気に解決はしないまでも、何らかの進展があるような方向での会談で終了するだろう。

「歴史的な会談」と言われているが、しかし、中長期的に見た場合、この会談はまったく意味のないものになる可能性が高いと思われる。

 

 

会談が終わって、金正恩が北朝鮮に帰ったら、ぺろっと舌を出している姿が目に浮かんでいる日本人は、私だけではないだろう。

 

 

 

金正恩 ――恐怖と不条理の統治構造 ((新潮新書))
朴 斗鎮
新潮社
売り上げランキング: 195,632

 

宇多誠一郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。