AI、AI ってみんな騒いでるけどさ、ターミネータが現実になるとでも思ってる!? | サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

人様から、お金を貰って提供できるだけの何かを形にするためには、最低でも10年は必要。確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけ。それを、いかにして成すかを理解せぬ者が、何をするかだけを決めるのは間違いのもと。

前回の記事は、こちら─、
『 ネットはリアル?それとも非リアル?』



もう─、



十年くらい前のことになるが、
こんなことを言われたことがある。



「 最近はコンピュータが何でもやってくれるから、
人間は考えることをしなくなっている…」






もう─、



笑いを通り越して呆れてしまったが、
コンピュータというのは何やら、



人間に代わって "考えて" くれるものだと思っているらしい…。
( そんなコンピュータがあるのなら私は大助かりなんだが… )



実際─、



今日においても尚、そのような一般大衆が、
一定数いるのは事実だ。



しかし─、



はっきり言っておく。コンピュータは高度な思考力も、
創造性も一切、持ち合わせてはいない。






それは─、



昨今、話題の AI ( 人工知能 ) にしても同様だ。
人の顔を正しく認識し、手書き文字を正しく読み取り、



人の話ことばを正しく聞き取れたからと言って、
それがどれほどの「 思考力 」だと言うのか!?



そんなものは、
所詮、雑用に過ぎない。






コンピュータは、
決して完璧なフランス料理を創作し、



"じゃあ、ここに日本料理の要素を付け加えたら、
どうなるだろう?一度、日本料理について研究してみよう!"



などといった発想を抱くことはないし、






高度な数学の証明問題を解くことも出来ない。



中長期的なプランや見通しに立ち、
何らかの組織や企業を運営して行く、



というようなことも、もちろん不可能だ。






当然─、



人間が手を抜いてズボラをこくための道具でもない。





あなたがテレビのスイッチをオンにする時は、

あなたが自分の脳のスイッチをオフにしたい時だと思います。

それに対してコンピュータで仕事をする時というのは、

脳のスイッチをオンにする時ではないでしょうか。

( スティーブ・ジョブズ )




その証拠に─、



コンピュータの扱いに長けた者と、
そうでない者とでは、



出来ることや、それによって得られる結果に、
歴然としたクオリティの差が生まれる。



つまり─、



「 職人芸 」の世界なのだ。






しかし─、



こういった話をすると大抵の人からは驚かれる。



また─、



そういう人たちからは、
よくこういう話も聞かれたりする…。




↑↑↑「 いいね!」と思っていただけたら、こちらもクリックしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
↑↑↑「 いいね!」と思っていただけたら、こちらもクリックしてもらえると嬉しいです!







( 次回へつづく... )
『 間違いではないが正しいとも言えない IT 弱者のよくある誤解 』