かつて我々のヒーローだった愛しき中二病中年たち…。 | サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

人様から、お金を貰って提供できるだけの何かを形にするためには、最低でも10年は必要。確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけ。それを、いかにして成すかを理解せぬ者が、何をするかだけを決めるのは間違いのもと。


テーマ:

前回の記事は、こちら─、
『 中二病も貫き通せば…!?』




【 中二病症例④ 】

  • プロレスに憧れ、空手を始める。
  • 武器の本を読みふける。

※かつて、プロレスが最強の格闘技と考えられていた時代、
猪木 vs. "熊殺し" のウィリー・ウイリアムスに代表される空手は、
その最大の対抗勢力だった!?








【 中二病症例⑤ 】

  • やってもいないボクシングの真似事をしてみたり、
    フードをかぶって真夜中にランニングを始める。







【 中二病症例⑥ 】

  • クラスの女子を不審者から守る妄想をする。

※不審者に襲われそうになった自分を、想いを寄せる男子が、
守ってくれるという妄想をする女子は…!?







確かに─、



かつて私が幼少期を過ごした地域にも空手道場なるものが存在し、
クラスメイトの中にも、そこへ通う生徒が何人かはいた。



そして─、



現在、私が暮らす地域にも空手道場が存在し、
子どもたちの良き修練の場になっているのだが、



そこで─、



子供たちを指導する現在の、
五、六十代というのは、十中八九、



かつて─、



"ゴッドハンド" と呼ばれた実在の人物をモデルにした、
某マンガに感化されて始めたクチに違いない(!?)






そう言えば─、



中学の頃のクラスメイトの中には、
空手やボクシングだけでは飽き足らず、



当時─、



まだ珍しかった「 マーシャルアーツ 」なんて、
キーワードまで持ち出し、



はては─、



軍隊格闘技にも精通(!?)



体育のマラソンの時間などはハリウッド映画の軍隊シーンなどで、
よく見かける、声を出しながら走るスタイルを一人で実践。






そいつとは─、



とりたてて趣味が一致するわけでも、
共通の話題があったわけでもなかったのだが、



どういうわけか─、



よくつるんでいたメンツの一人で、高校進学と同時に、

進路が別れたため、その後、音信不通になってしまったが、
( 少年時代の頃の友人には、よくある話だ。)



その後─、



風の噂で聞いた話によると、何やら彼は海上自衛隊に入隊したとのことで、
それはそれで、役には立ったと言うことか…。






もっとも─、



それを言い出したら、
今日、中堅にさしかかったプログラマーの中で…、




↑↑↑「 いいね!」と思っていただけたら、こちらもクリックしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
↑↑↑「 いいね!」と思っていただけたら、こちらもクリックしてもらえると嬉しいです!







( 次回へつづく... )
『 そもそも、プログラマーなんて、みんな慢性の中二病患者ですから… 』


サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフトさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス