お父さんが調子に乗ってチェスを始めてみた結果…!? | サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

人様から、お金を貰って提供できるだけの何かを形にするためには、最低でも10年は必要。確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけ。それを、いかにして成すかを理解せぬ者が、何をするかだけを決めるのは間違いのもと。


テーマ:

今日は少々、真面目な話。と言っても、
普段、不真面目な話をしているつもりはないのだが…(!?)



実は─、



最近、英語のドキュメントを読む機会が増えた!
と言っても、仕事とは関係ない。



ソフト開発の仕事などをしていると、リファレンスマニュアルの一部は、
依然、英語であったり、



また─、



海外のサイトなどの情報を参考にしなければならないようなことも、
しばしばあるため、英語が読めるに越したことはないのだが、






それでも─、



自分の場合は、大学で履修したのを最後に、その後、
とりたてて英語の勉強などすることなく、今日までやり過ごして来た。



最近─、



英語のドキュメントに目を通す機会が増えたというのは、
去年あたりから再開したチェスの勉強のためである。



自分も─、



こう見えて大学時代には、ご多分にもれず、
人工知能なんてものに多少かぶれたクチで、



その辺の経緯から─、



当時、チェスに興味を持ち ( 一連の思考ゲーム、特にチェスは、
欧米の人工知能研究における恰好の題材でもあった。)






と言っても─、



パソコンソフト相手に、ちょっとプレイしてみる程度で、
その後は、長らくは自分の中では放置の状態にあったのだが、



最近─、



子供が就学し、オセロなどをいっぱしにプレイできるようになって来たのを機に、
父がひとつ仕込んでやろうと、いきがって再開したわけだ。



チェスと言うと─、



恐らく ( こと日本では ) 大半の方が、名前は知っているけれども、
その実態は、まったくもって不明という謎のゲームで、



世界的には─、



「 世界四大ゲーム 」の1つにも数えられる、
超メジャーなゲームであるにもかかわらず、



日本においては─、



将棋の存在ゆえか(!?)、極めてマイナーなゲームの地位に、
甘んじて来たゲームの王様とも言える。






もっとも─、



それを言うなら、他の四大ゲームにしたって、
日本じゃ、それほど有名ではないが…。



ちなみに─、



「 世界四大ゲーム 」とは、チェス、バックギャモン、トランプ、ドミノ、
のことで、日本でメジャーと言えば、トランプくらいか?



まぁ─、



そんなこんなで、チェスを勉強しようとなると、
日本語による解説書は少なく、



最近でこそ─、



日本人愛好家の方がネットを通じて、解説ページなどを、
アップされている例も増えては来たが…、



そういった方々の多くは過去、洋書の解説書を手にとって、
勉強された経験をお持ちのようで、



そんなわけで─、



自分も負けじと今回、洋書を手に取ってみたわけだ。






しかし─、



これがまた、思いのほか困難を要することを痛感!
これまで自分が目にして来た英文というのは、



大抵が─、



教科書としてのテキストであったり、参考書に記載された、
例文といったものがほとんで、



こういった─、



ガチによる解説を目的とした英文というのは始めて…。
( チェスの解説書という特有の文体にも、まだ耐性がない!?)






もちろん─、



単語を調べれば一つ一つの意味は分かるものの全体としてつなげた場合、
その文意が、いまいちよく分からない…、といったことが往々にして出て来るのだ。



そんなわけで─、



次に私は、このような方法を試すことにした。



これは─、



ある愛好家の方がサイトで述べていた、こんな言葉がヒントとなった。




↑↑↑「 いいね!」と思っていただけたら、こちらもクリックしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
↑↑↑「 いいね!」と思っていただけたら、こちらもクリックしてもらえると嬉しいです!







( 次回へつづく... )
『 詰将棋は〇〇から先に見よ 』


サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフトさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス