サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

人様から、お金を貰って提供できるだけの何かを形にするためには、最低でも10年は必要。確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけ。それを、いかにして成すかを理解せぬ者が、何をするかだけを決めるのは間違いのもと。


テーマ:



「 今日は風が強いんで、タイムはあまり期待できないね 」



もう随分前のことになるが、ある番組の企画で、
とんねるずの石橋貴明が、カートレースを行った際に、



レース前のインタビューで語った言葉である。
何の変哲もない、無難なコメントと言えば、それまでだが、



当時─、



この言葉が私には、なぜか印象的で、いまだにその場面が、
脳裏に焼き付いている。



この時─、



彼は決して「 今日は勝てない 」と言ったわけではないのだ。



この言葉が意味するところは、
タイム争いとレースとは別だということである。



そう言えば─、



あの 400m ハードル銅メダリストの為末大選手も、
似たようなことを述べている。






ある大会で、為末選手が出走するレースの、他の選手の一人が、
フライングとなり、スタートをやり直すこととなった。



当時─、



選手としては年長の域にあった氏は、
その時 "チャンスだ" と感じたと言う。



こういう時、若い選手では、ついプレッシャが悪影響を及ぼし、
体がかたくなってしまうのだという。



素人考えでは、レースなのだから、当然、タイムの速い者が勝つ。



従って─、



追及すべきはタイムの向上であり、そこは自分との闘い!
などと、分かったふうなことを考えてしまいがちだが、



レースに勝利するというのは、そういう勝負の綾、
その時、その場に生じた様々な諸事情を見逃さず、



最大限に活用する駆け引きが、重要な鍵となってくるというわけだ。



要するに─、



「 速けりゃ良いってもんじゃないっ!!」...と。



これだから─、



勝負というのは、かくも面白い。



確かに─、



単に速い者が勝つというのなら、そんなレースには、
何の魅力もなくなってしまうだろう。



そもそもからして─、



レースをする意味もない。




↑↑↑「 いいね!」と思っていただけたら、こちらもクリックしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
↑↑↑「 いいね!」と思っていただけたら、こちらもクリックしてもらえると嬉しいです!







サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフトさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。