サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

人様から、お金を貰って提供できるだけの何かを形にするためには、最低でも10年は必要。確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけ。それを、いかにして成すかを理解せぬ者が、何をするかだけを決めるのは間違いのもと。


テーマ:

これはある国立大の医学部で学内のメールサーバーを、
他に移行することになった時の話である。



そこに勤める実験助手で、IT の知識にも、そこそこ詳しい N が、
サーバー管理室から送られてきた変更手順書をもとに、



研究室のパソコンのメール設定を更新しようとしていた。



ところが─、



手順書の通りに設定を変更しても、どうも、
上手く送受信ができない。



そこで─、



研究室の I 教授が、やり直してみたところ見事、解決。



しかし─、



この I 教授。そりゃ国立大の医学部で教授職に、
就いておられるくらいだから、頭は良いお方ではあるのだが、



だからと言って─、



全能ではない。



我々凡人は大学病院の先生などと言うと、

それだけで、ひれ伏してしまうが、



聞くところによれば、医者の世界などというのは、
極めて閉鎖的な社会であり、



乱暴な言い方をすれば、
潰しの利かない専門バカの集まりであるという。



少なくとも─、



IT の知識において、I 教授が、
実験助手 N のレベルを凌ぐことはない。



にもかかわらず、なぜこのようなことが、
起こってしまったのか?



私は歴史のことは、あまり詳しくはないが、
天才が凡人に負けることは、歴史的に見ても少なくないという。



この場合─、



凡人とは、実験助手 N の方ではなく、
I 教授の方であり、



天才ではないかも知れないが…、I 教授を凌ぐ、
IT のスキルを持つはずの実験助手 N が、



「 格下 」の相手に一本取られた格好だ。



結局─、



原因は分からずじまいで、例によって例のごとく、



「 何かが悪かったのだろう… 」



ということで、やり過ごされることとなった。
( まぁ、IT 業界では、こういう対処法は、よくあることだ。)



この話を聞いた私は、学生時代に『 応用プログラミング 』講座の、
教授から言われた、ある一言が脳裏によみがえった…。




↑↑↑「 いいね!」と思っていただけたら、こちらもクリックしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
↑↑↑「 いいね!」と思っていただけたら、こちらもクリックしてもらえると嬉しいです!







( 次回へつづく... )
『 コンピュータは○○を見る 』


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフトさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。