サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

人様から、お金を貰って提供できるだけの何かを形にするためには、最低でも10年は必要。確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけ。それを、いかにして成すかを理解せぬ者が、何をするかだけを決めるのは間違いのもと。


テーマ:

前回の記事は、こちら─、
『 某大手金属系メーカに勤務していた年輩営業マンから聞いた、営業の不都合な真実とは!? 』



神田昌典氏によれば─、



「 営業なんてハッキリ言って虫けら 」



とまで言い切る。



確かに─、



営業など、多くの人間にとっては、
招かれざる客だ。



自分の家に訪問販売がやって来て、



「 玄関先で立ち話もなんですから、中に入って下さい 」



などと言う奇特な人間は、まずいない。



たいていは─、



「 うちは結構です 」



と迷惑そうな顔をして、たかって来る蠅を振り払うがごとく、
あしらうのが常だ。



そんな営業たちからしたら、
技術者など、さぞかし、



"専門家でござい"



と言わんばかりに、
ふんぞり返った連中に見えることだろう。



特に─、



先の記事 でも述べた、元住友金属の営業マンのような、
高度経済成長期を現役で見てこられた方からしたら、



当時─、



"欧米に追いつけ、追い越せ!"



のスローガンのもと、気が付けば "made in Japan" は、
世界でも最高品質の代名詞のような存在になり、



時代は─、



「 技術様様、技術者様 」



の大合唱に映ったに違いない。



最近でこそ─、



かつての勢いは衰えたとはいえ、それでも日本は、
まだまだ、世界から見れば物作り大国だ。



私が勤めて来た会社は、
せいぜい50名以上、100名以下の中小だが、



そんな私の経験から言っても、やはり開発部門というのは、
社内でも花形のセクションであり、



その中でもトップエンジニアともなれば、
時に社長以上の、発言力を有する。



それに比べりゃ、
営業なんて、何を生み出すわけでもなし…、



そういった優秀な技術者たちが、日夜、研究に取り組み、
生み出した優秀な商品を、売ってるだけだろ?



少なくとも─、



世間は、そうとしか捉えていない。



従って─、



私が見て来た限り、程度の差はありこそすれ、
営業マンたちのホンネを暴露するなら、



内勤の技術者に対して、苦々しい感情が、
くすぶっていることは、否定できない。



このような経緯を踏まえて、
もう一度、当初の主張に立ち返ってみると、



そこには─、



一体、どのような人間心理が、
浮き彫りになって来るだろうか…?




↑↑↑「 いいね!」と思っていただけたら、こちらもクリックしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
↑↑↑「 いいね!」と思っていただけたら、こちらもクリックしてもらえると嬉しいです!







( 次回へつづく... )
『 改めて問う、理系より文系の方が収入は上!?という主張に隠された人間心理とは? 』



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフトさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。