先駆者と言う名の誘惑 | サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

人様から、お金を貰って提供できるだけの何かを形にするためには、最低でも10年は必要。確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけ。それを、いかにして成すかを理解せぬ者が、何をするかだけを決めるのは間違いのもと。


テーマ:

米テスラ・モーターズが─、



2017 年に発売予定の電気自動車 ( EV ) の、
普及モデルにおいて、



搭載するリチウムイオン電池をパナソニックが、
独占的に供給することが発表されて久しい。



聞くところによると─、



それ以前のテスラの主力モデルにおいても、
独占契約ではないものの、



実質的には、パナソニックが全面供給して
来たという。



私は電気自動車のことなど専門外で、
よくは分からないが…、



「 リチウムイオン電池は EV の中核部品で、動力源にあたる 」
( 日経新聞社 2016/1/9 )



との主張が、言葉通りであるならば─、



結局、根幹部分は日本製…?なんて、
考えてしまったのは、私だけであろうか?



もちろん─、



バッテリー部分だけを取り上げて、
全てを論じるのは短絡的過ぎるだろうが、



しかし─、



技術的なことを言えば、
テスラ・モーターズが成し得たことは、



日本のメーカーでも十分に、
成し得たことだったのではないだろうか…?



では─、



なぜ、出来なかったのか?
こういう場面で、よく取り沙汰されるのが、



日本の起業家精神の欠如といった、
批判的論調である。



確かに─、



先駆者と言うのは、物語の主人公としては、
大変、魅力的ではあるし、



そういう点では─、



映画や小説、または、ドキュメンタリー番組などでも、
もてはやされても来た。



あたかも─、



それが、ビジネスの理想像であるかのように。



しかし─、



実際、企業のホンネとしては、
出来れば避けて通りたい仕事の1つと言えよう。



( 次回へつづく... )
『 世間ではカッコ悪いとされて来た方法が、実はビジネスの王道だったりするから厄介だ…!? 』



サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフトさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス