マーケッターの鉄壁の論理に風穴を開ける! | サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

人様から、お金を貰って提供できるだけの何かを形にするためには、最低でも10年は必要。確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけ。それを、いかにして成すかを理解せぬ者が、何をするかだけを決めるのは間違いのもと。


テーマ:

前回の記事は、こちら─、
『 持たざる者が好んで用いるビジネスの建前 』



私の経験上─、



そのような人間が、
好んで用いる "建て前" がそれである。



「 大事なのは、お客様のニーズである!」



そう主張していれば、一見、

ごもっともなことを述べているようにも聞こえる。



曲がりなりにも人様からお金を貰って提供できるだけの、
高度な専門スキルなどというものは、



去年始めた人間が、今年にはどうにかなる話ではない。



下積みから始めて十年単位の取り組みの中で、
築き上げて行けるものである。



一人の人間が一度の人生において、
そう多く手に入れられるものではないのだ。



そういった確固とした専門知識を持たぬ者にとって、

そのような主張は、さぞかし居心地良く聞こえるだろう。



自分の専門知識の欠如に対して、
もっともらしい言い訳が立つからだ。



「 大事なのは、お客様!」



そう言われれば、誰も反論はできなくなる。



確かに─、



お客様は大事である。
お客様あってのビジネスなのだから。



そういった─、



先の先をとることで、あくまでも正論は自分の側にあり、
その自分に反論することは、



即ち─、



誤りを意味するという構図を、
作り出すことができる。



しかし─、



それは所詮、問題の論点をはぐらかさんとする、
言わばミスディレクションであり、



自分が見られなくない部分から、
相手の注意を逸らさんがためのトリックに過ぎない。



そこには─、



見られてはマズい落とし穴が、
あいていることに、変わりはないのだ。



( 次回へつづく... )
『 少なくとも売り上げゼロを回避する3つのチェックポイント 』



サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフトさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス