ピアノのレッスンで教師と生徒の立場が完全に逆転した、ある出来事とは? | サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

人様から、お金を貰って提供できるだけの何かを形にするためには、最低でも10年は必要。確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけ。それを、いかにして成すかを理解せぬ者が、何をするかだけを決めるのは間違いのもと。


テーマ:

前回の記事は、こちら─、
『 下北沢を "演劇の街" にした男の、人生の回り道 』



同じく俳優の、故 林隆三氏は、
ピアノの腕前もプロ級で、



生前─、



「 俳優だからこそ弾けるピアノがある 」



と述べておられた。



であるならば─、



私の本職は、ソフトウェアのエンジニアだが、
エンジニアだからこそ出来る音楽もあるだろう。



そう言えば─、



私が、かつてピアノのレッスンを受けていた時のこと。



どういう話の流れからか、
私がソフト開発の仕事をしていると話すと、



先生が急に興味を示して、私にあれこれと尋ねてこられた。



聞くところによれば、先生も最近、
パソコンで楽曲データの制作を始められたそうなのだが、



先生は、どちらかと言うと、
ピアノ一筋で生きて来られたアナログ人間で、



パソコンのことは、分からないことだらけだと言う。



そこで私が気軽に、質問にこたえて差し上げると、



知識の泉を得たりと言わんばかりに、
質問攻めにあってしまった。



我々、専門のエンジニアからすれば、
知っていて当然の初級レベルの知識が、



専門外の人間からすれば、
貴重な情報であるということは、よくあることだ。



そして─、



100冊の解説書を読んでも、
分からなかったことが、



一人の詳しい人に聞くと、



30秒で解決してしまった、
ということも、またよくあることである。



教師と生徒の立場は、完全に逆転していた。



そして─、



自分が持つ知識が、誰かの悩みを、
たちどころに解決していくという体験は、



自分が価値ある存在であることを気付かせてくれる、
大変、心地よい機会でもある。



( 次回へつづく... )
『 藤子不二雄が手塚治虫を超えるためにとった戦略も、やはりコレだった!』



サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフトさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。