私がメンターから教わった身も蓋もない一番、最初の教え | サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

人様から、お金を貰って提供できるだけの何かを形にするためには、最低でも10年は必要。確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけ。それを、いかにして成すかを理解せぬ者が、何をするかだけを決めるのは間違いのもと。


テーマ:

前回の記事は、こちら─、
『 私が4年間も、その価値に気付かずしまい込んだままにしていたブログの "ネタ帳" 』



こうして─、



「 商品開発 」と「 営業展開 」という、



ビジネスの両軸が、
順調に整って行ったかに見えた、



私のネットビジネス初挑戦であったが…、



結論から言うと─、



肝心のソフトウェアは、ほとんど売れなかった。



こうして、私は─、



あるメンターが言い放った、
次の言葉と向き合うことになる。



「 最初は必ず失敗する、必ずだ 」



その後─、



今回の "敗因" についても、
そのメンターから話を聞くことが出来たのだが、



敗因の1つとして─、



今回、私が手掛けたような、
音楽系のソフトも、



やり方によっては、
売れなくはないと言う。



しかし─、



より「 売れやすい 」ソフトというものが、
あるのも、また事実で、



今回、私が手掛けたソフトは、
その範疇には含まれないのだと言う。



そして─、



まずは、ネットビジネスの感触をつかみ、
売り上げをあげるという成功体験を得るためにも、



より「 売れやすい 」ソフトから、
手掛けてみてはどうか?



ということであった。



その─、



より「 売れやすい 」ソフトというのは…、



( 次回へつづく... )
『 やはり世の中には性質上「 売れやすい 」ソフトと「 売れにくい 」ソフトがある、これは事実!』



サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフトさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス