プロのソフトエンジニアがマーケティングのスキルを身に付けたら? | サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

人様から、お金を貰って提供できるだけの何かを形にするためには、最低でも10年は必要。確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけ。それを、いかにして成すかを理解せぬ者が、何をするかだけを決めるのは間違いのもと。


テーマ:

前回の記事は、こちら─、
『 わかれ道があったら私は○○を選びます。( 梶原加奈子 / テキスタルデザイナー ) 』



しかし…、



「 さらに突き抜けたか? 」



と、問われれば、



そこには、まだ─、



胸を張って頷ける自分は、いないと、
言わねばならなかった。



「 お仕事は? 」



と、聞かれて─、



「 ソフトウェアの開発です。」



などと答えている分には、
聞こえは良いかも知れないが、



辛辣な言い方をすれば─、



エンジニアなど、技術バカのオタク集団であり、



"閉じた世界の住人"



とも言える。



そこに生じた違和感が、



「 自ら開発したソフトウェアを、
ネットで販売してはどうだろうか…? 」



という思考に "変換" されるのに、
たいして時間は、かからなかった。



ソフトウェアの世界では、以前から、
シェアウェアという形態があり、



個人のプログラマが開発した有償のソフト、
というものが、これまでも存在してきた。



しかし─、



それらの多くは、趣味の延長で、
開発されてきたものであり、



中には、運よくヒットしたものもあるが、



所詮は、プログラマーの趣味の域を、
出ないもの、という印象は否めなかった。



であるならば─、



もし、プロのソフトエンジニアが、



マーケティングのスキルを、
( 少しでも ) 身に付けたら、



鬼に金棒ではないのか…!?



見せられているものを見なかったフリは出来ない。
いま感じたことは、遅かれ早かれすることになる。



サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフトさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス