独学のコツ ~ 100 冊の解説書を読んでも分からなかった時は…? | サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

人様から、お金を貰って提供できるだけの何かを形にするためには、最低でも10年は必要。確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけ。それを、いかにして成すかを理解せぬ者が、何をするかだけを決めるのは間違いのもと。


テーマ:

ネットワークビジネスがテーマのブログで、



次のような書籍を取り上げるのも、

意外だと思われるかも知れないが…、



以前、読んだ─、



『 思いどおりに作曲ができる本 』 ( 川村ケン 著 )



という本に、



解説書などで独学する場合の、

「 コツ 」 について、



目にとまった記述があったので、

シェアできたらと思う。



それは─、



「 その分野の解説書を最低3冊以上読む 」



ことだそうだ。



というのは─、



解説書によって、著者の捉え方や解釈には、

当然、差がある。



想定している読者のレベルの線引きも、

解説書によって異なる。



また─、



その解説書を読んで出てくる疑問も、

読者によって、まちまちだろう。



よって─、



一冊の解説書で、すべてをカバーするのは、

現実的には難しい。



だから─、



何かを学ぶ時には、最低3冊以上、

読むことが大切だということである。



そして─、



著者はさらに、こう続ける。



「 それでも、よくわからないことがある場合は、

詳しい人に聞くことである 」



と─。



100冊の解説書を読んでも、

分からなかったことが、



一人の詳しい人に聞くと、



30秒で解決してしまった、

ということはよくあることである。



サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフトさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス