ノーベル文学賞 2017 イシグロ | ひらぴーのウハウハ日記

ひらぴーのウハウハ日記

日常のこと、面白いとか役立つかもって思った事を書いていきますね。


テーマ:



今年2017年のノーベル文学賞は
相変わらず、村上春樹さんに期待はあったんでしょうけど

日本生まれの
英国人作家のカズオ イシグロさんに決まりましたよね。


こういう、文学系の人に疎い
自分としては
初めて知ったときは

イシグロ?
カズオ?

日本人みたいな名前なんだよね

それで、英国人???


写真見ても日本人みたいに見えるしね~。
っていう感じで、疑問いっぱいだったんですよね

そうしたら
なんと、両親は日本人!!
w(゚ロ゚;w

1954年に長崎県の生まれで
日本にいたときは「石黒一雄」だったんですね~。


父は海洋学者の石黒鎮雄さんで、母も日本人
長崎市内の幼稚園に通っていただって!!

ってことは
「日本人」なんではないですか
∑((((((゚д゚;ノ)ノ


それなのに
なんで英国人なの??って思ってんですけど


こんな感じでした

父が英国の国立海洋研究所の所長の招きで5才の時に渡英して
その後
1983年、「イギリスに帰化」したということだったんですね。


一時はミュージシャンを目指したこともあったみたいです


そういえば
インタビューで
「日本語を話す日本人の両親のもとで育ったので、
両親の目を通して世界を見つめていました。私の一部は日本人なのです。」
って言ってましたよね

イシグロ作品に共通するのは
人の感情をとても丁寧に描いているってことのようです。
読者に登場人物の心情が強く刻まれ、作者の問いかけも心の中にのこりつづけるという...
(すみません、読んだことないので産経新聞の日曜版にそう書いてありました)
(^▽^;)


読書の秋って言うくらいですからね
ノーベル賞のイシグロ文学
読んでみましょうかね

(⌒^⌒)bうん







もっとみたい人は!!

>>ノーベル賞 イシグロ文学<<


ひらりんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス