激甘キャベツの教え | ブログ ビジネス真実践

ブログ ビジネス真実践

殿堂入メールマガジン、ビジネス真実践のブログです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ビジネス真実践 ~ 実践の中に真実がある

おかげさまで10周年!
マイナー路線まっしぐら!11年目突入中!

おかげさまで、まぐまぐ殿堂入り。
おかげさまで、まぐまぐ大賞2017 ビジネス部門


毎週火曜・木曜午前8:00発行 
※但し、祝日の場合は翌朝発行


2019/5/23


 発行者:中久保 浩平


ダメリーマンが会社を救う!
⇒ http://goo.gl/USmXVe

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ┌─『目次』───────────────
 │【今回のテーマ】激甘キャベツの教え
 │【まぐまぐニュース】過去の人気記事
  │【あとがき】
 └──────────────────

■メールマガジンポリシー

ご愛読いただきありがとうございます。
発行者の中久保 浩平です。

このメールマガジン【ビジネス真実践】では、
悩める経営者、ビジネスマンの為に、私自身が、
コンサルタントという仕事を通して実体験から学んだこと、
直接見たり、聞いたり、読んだりしたこと、肌で感じた事、
クライアントとの中で得たもの、などを中心にお送りしています。
従って、簡単にこうすれば儲かる、楽に集客ができるなどという
類の情報は一切配信しておりません。
また今後もそのような情報を配信していくつもりもございません。

ぜひ、みなさまの経営、お仕事、お客様や社内の為にお役立て下さい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回のテーマ

【激甘キャベツの教え】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



■洞察力を磨く



突然ですが・・・
越冬キャベツをご存知でしょうか?


越冬キャベツとは、北海道和寒町の農家で生産
されているメロンに匹敵するほどの甘みがあり
重宝されている名産品としても
ロングセラーのキャベツです。


この越冬キャベツ。

生産者が「メロンに匹敵する甘さ」を引き出すために
試行錯誤し、研究を重ねて作りだしたという
産物ではありません。

実は、偶然に出来た産物なのです。


1968年、豊作だったその年、
キャベツは通常通り、夏から秋にかけて収穫し出荷。
しかし、秋キャベツの価格が大暴落しました。

売れないキャベツが山積みとなり、
困った生産者は、そのまま畑に放置してしまいました。

やがて冬になり、放置されたキャベツは、そのまま
雪に埋もれていくことに・・・


年が明け、1969年の春。


昨年とは打って変わって、深刻な野菜不足。

市場ではキャベツも高値で売られていて
市民はみな困っていました。

その現状を目の当たりにした農家では、
放置していたキャベツのことを思い出し、
半ば諦めの境地で雪の中から、掘り出し
試食してみたのです。


すると、びっくり。

なんと、尋常じゃない甘さのキャベツになっていたのです。

調べてみると、キャベツは雪の中で自然冷蔵され鮮度が
落ちるだけでなく、
キャベツ自身が、凍らないようにと雪の中で必死で頑張る
ことによって、糖度が上がりギュッと凝縮された甘みを
出していたことがわかったのです。

このことで、地元農家は団結して、
この農法によるキャベツ生産に
本格的に乗り出していきました。

越冬キャベツの誕生です。



ピンチをチャンスに変えるという言葉がありますが、
時に偶然が、ピンチをチャンスに変えることもあるようです。

ですが、決してそれは待っていて起こりうるものでなく、
ピンチのときに何を察するか?
ということがカギです。

和寒町の農家では、野菜不足で困っている人達を見て、
思い出したように雪に埋もれたキャベツを掘り出しました。
そして、実際に食べました。

この行動が、市場を救い、自分達農家も救ったのです。


もしこれが、ひねくれた人やボッーとしているだけ
だったらどうでしょう?

野菜不足で困っている市場を冷ややかな目で見て、
「いわんこっちゃない。」なんてつぶやくだけで、
雪の中のキャベツを試食せずにそのまま処分していた
かもしれません。


商売やビジネスでは失敗することの方が多いです。

ピンチに陥ることも多々あります。

それらを乗り切るためには、備えだけでなく、
失敗やピンチの瞬間に、深く考えるのではなく
直感的にその事態を見抜く、洞察力も必要です。

その洞察力があって、備えが活きてくるのです。

そして、その一連が、ピンチをチャンスに変えてくれるのです。


ということで、洞察力を磨くために今日からどんな
取り組みをしましょうか?



■今日のまとめ


『洞察力を磨くことで、ピンチをチャンスに変える力を養う。』


・目に見えない失敗やピンチに対処すべく備えに必要なことを
ノートに列挙する。
・列挙したことについて準備する。
・準備したことをいつでも活かせるようにするために洞察力を磨く。
・洞察力を磨くためにどのような取り組みや訓練ができるか?
考えノートに書き出し、実践する。
・書籍「ビジネス真実践」はこちら
⇒  http://goo.gl/tmmRe

 

ビジネス真実践
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■今回の「ビジネス真実践」はいかがでしたでしょうか?
ご意見・ご感想など、ぜひお送り下さい。
ご遠慮なくどうぞ→ info@ner-rap.com

※このメルマガは著作権により保護されています。
従って、許可無く内容をWEBサイトやメールマガジンへ転載
することを原則として禁じています。
但し、発行した内容が、同僚・部下、上司、取引先様等へ伝えることが
役に立つというのであれば出典先を「ビジネス真実践」と明らかにして転載して
下さい。その際ご一報下さると幸いです。

■まぐまぐニュース
ビジネス真実践 アーカイブ
http://www.mag2.com/p/news/tag/ビジネス真実践

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【あとがき】


ということで、いかがでしたでしょう?
越冬キャベツ食べてみたくなりました??

僕は料理が好きなので、
こういう話は個人的に大好きなのです。

他にもこんな生産話があるよ、とご存知の方、
ぜひ教えてください。

ちなみに、料理は段取り力や発想力なんかを
養うこともできますが、
生産から学べることは、奥深いですね。

近々ロールキャベツに挑戦してみます。


▼音声ドラマ!

ダメリーマンが世界を?いや、会社を救う!?
世界は救いませんが、とある会社を救います(笑)
「下町ロケット」ほどの感動ドラマではありせん(笑)

営業成績ビリケツのサラリーマンが、
ちょっとづつ「気づき」ながら、
しかし、確実に成長していくという、
ちょっとためになるショートストーリーです。
そんなストーリーを『全話完全音声』収録しましました。

ラジオドラマを聴いている感覚で、是非お楽しみください!
僕もちょい役で出演させてもらいました(笑)
http://book.dmm.com/detail/b671agobs00171/

image
▼こちらは原作本です。

「お荷物ダメリーマンときどきエリート
    ~ところてん男子90日の戦い」 
http://goo.gl/USmXVe

 

image


▼「ダメリーマン、読みたいけどスマホで読めない!」
という方へ・・・
スマホやタブレット端末で電子書籍を読むには?
をブログにアップしましたので、ご参考ください。
http://ameblo.jp/nertrap/entry-11770090856.html


▼こちらは、ipadやiPhoneで最も手間がかからず 「ダメリーマン」
を読むには?という記事をアップしました。
http://ameblo.jp/nertrap/entry-11785622506.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(c)2008-2019 kohei nakakubo All Rights Reserved.

※まぐまぐさん、いつも配信システムを使用させて頂きありがとうございます。