元気印タロットセラピー☆ラブラドライト
@本川越ペペ鑑定所ですニコニコ

振替休日の今日、鑑定所は、少しゆったりとした空気が
流れています。
ゆったり、少し時間があるので、
書くよ!って言いながら、まだ、書けていない、
先月26日に受けてきた、來未さん
マヤン・ライフエネルギーセッションのこと、
書こうと思います。
少し長くなるけど、ほんとに
心が軽くなったので、ぜひ、読んでみてね

セッションして下さった來未さんも、
書かれていたように→その記事はこちら
本当に短時間で、大きなテーマへたどり着きました。
三時間のセッションでしたが、最初のこよみときで、
終了ビックリマークでもいい感じと
來未さんも書かれてました。

その気づきは、端的に言うと
『自分の抱える矛盾   持ったままでO.K』ということ。
世の中には、必ずしも、整合性の取れることばかりではない、
整合性取れなくても、
自分を認めてあげていいという事でした。

『矛盾』と言う言葉、多く出てきましたが、
私自身、とても多くの矛盾を抱えた人間。
キチッとしていたいという自分と、
このくらいで、いいんじゃんという自分
の振れ幅が大きいのです。

こよみときから始まったので、少しマヤっぽい話になりますが、
マヤの暦の私のお誕生日は、KIN102。
太陽の紋章は、白い風
いろんなところを、ピューピューと吹き渡るイメージ。
思うまま、気の向くまま、自分の感覚を頼りに吹く風さん。
それに対し、ウェイブスペルとして持っているのは、
黄色い人という紋章。
こちらは、何もない荒野に、ピシッと一本道を作り、
そこからは、踏み外さず歩きたい常識人。
感覚本位の風さんと、常識人の黄色い人。
マヤをご存知なくても、結構矛盾な感じしちゃいません?

マヤの中で、白い風と黄色い人は、正反対の紋章になります。

そんな正反対を、マヤを習う前から、持て余していたラブちゃん。
ラブちゃんは、プロの鑑定士なので、ほかの面からも、自身を分析。

お仕事で、相性みるのに使っている月の占星術、宿曜では虚宿
西洋占星術は、射手座と、
見事に、一人の中に、二人いる感じの
星を抱え込んでます。

そんな背景もあって、相反する二つのもの
が自分の中にある。
それに、折り合いをつけねば。
落とし所を見つけなきゃ、
と思ってたのです。

そんなわけで、
來未さんとのセッションでも
その矛盾にスポットが当たりました。
そして、ものの数分で、
整合性取れなくてもいいんだよ。
受け入れちゃっていいの。
落とし所なんてない。
に行き着いたわけです。
また、私がその悩みを置く時は
自身を終える時なんじゃないかなー
という來未さんの言葉も飛び出し

なんとかしなきゃと、
頑なに思い続けてきたラブちゃん。
そーかーいいんだひらめき電球と、
すごく楽になれたのですアップ

肩の荷がおりたラブちゃんのセッションの
話は、長くなりそうなので次に続きます音譜

ラブラドライト鑑定に関するお問い合わせ
ご予約は、こちら  まで

木々も色づき趣も増した川越に、
ぜひ、遊びにいらしてくださいねー

ラブラドライト