野良猫対策か?殺処分か? | ねりまねこ・地域猫

ねりまねこ・地域猫

地域猫活動を推進するNPO法人ねりまねこのブログ
練馬区公認ボランティア、東京都動物愛護推進員


テーマ:

【奄美ノネコ問題その15】

 

当時、奄美には

森林のノネコ1000匹

人里には野良猫が1万頭くらい

いると言われてました。

 

 

ノネコは駆除の対象

野良猫だって、

森林に入れば駆除の対象です。

 

 

 

ネズミ・ハブ除け、

開放的な住宅事情などで

放し飼いも多い。

 

 

 

 

 

猫が沢山いて(1万匹以上)

 

住民は少なくて(人口6万3千)

 

飼える人も少なくて(許可なく飼えるのは4頭まで)

 

保護するボランティアも

譲渡する先も

ほとんどありません。

 

 

 

 

世界遺産は

奄美の悲願です。

(自治体の総意として)

 

生態系保全のために

希少種の生息域では、

 

実害の大小に関係なく猫を排除していく

必要があったのでしょう。

 

 

 

 

私が現地のボランティアだったら

完全にギブアップです。

 

 

 

殺処分を受け入れざるを得ないし

皆が目標に向かっているのに

反対なんてとても言えません。

 

 

 

 

 

様々な現状を踏まえて

研究者・学者・専門機関・行政・自治体などの

関係者が十分に協議をした上で

計画案を作成したはずです。

 

 

地元のリソースでできることは限りがあり

苦渋の選択だったと思います。

 

 

 

「ノネコの駆除」という

パンドラの箱が開いたのです。

 

 

 

***************

 

 

 

野良猫について

 

昨今の流れでは、行政は

原則として殺せない、

引き取れないので

 

市民社会の中で、

解決していくしかなく

TNR、保護、地域猫活動など

様々な対策がとられています。

 

 

 

 

官民あげて、

対策を推進する自治体では

 

住民意識は向上し

適正飼育が進み

野良猫もトラブルも

減っていきます。

 

 

 

 

「そんな面倒な対策で猫を減らすよりも殺す方が早い」

という意見もありますが、

単純な算数の話ではありません。

 

 

 

「猫は殺して処理すればいい。

(しかも行政にやらせればいい)」

 

という考え方は、

住民に刷り込まれます。

 

 

猫だけに留まらず

 

「自分にとって邪魔なもの、

不要なものは排除すればいい

(しかも行政やれ)」

 

が浸透すると、利己的で、

社会的な弱者に冷淡な

地域社会を作り出してしまうでしょう。

 

 

 

「殺して処理」がOKな自治体では

命が軽視され、ペットの遺棄が絶えず

行政への持ち込みが止まらず、

川に流し、土に埋めて始末されます。

 

 

 

野良猫問題の原因は人間なので

市民の意識を向上させないことには

解決ができません。

 

 

野良猫対策を行うと

住民の解決能力が向上します。

 

動物愛護意識が高まることは

単にペットのためだけでなく

他者への思いやりや

優しさを育むことに通じます。

 

 

住民のモラルの向上は

一朝一夕にはできません。

 

 

 

 

 

 

 

奄美ノネコ問題について、

駆除賛成・反対の双方で

怒りや悲しみを感じ

意見や関心を持っている方はたくさんいます。

 

 

しかし、実際に

課題を解決するために

行動する人は、ほんのわずかです。

 

 

出来る範囲でかまいません。

どうかお力を貸してください。

 

 

今夜は、

奄美の猫のお迎えに

羽田空港へ行きます。

 

みんな無事でありますように。

 

 

つづく

 

 

**********

W様へ、お名前をつけてあげてください。

ワクチン接種しました。

エイズ・白血病検査は陰性です。

 

キジシロ 男の子

 

白キジ 男の子

 

長毛 男の子

 

キジシロ しっぽ長い 女の子

 

キジシロ シッポ短い 女の子 

 

 

**********

 

板橋区成増一丁目で迷子です。

 

気になる方は、コメント・メッセージ、

HPのお問合せにどうぞ。

 

 

**********

 

飼い主様募集中、茶白オス・ぺぺちゃん

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

練馬区ボランティア連絡会

 

練馬区内で猫問題を解決したい方なら

どなたでもご参加ください。

 

動物愛護団体の病院で働いた経験があり、

練馬区で新たに開業する獣医さんお二人から

保護・TNRなどボランティア活動の

支援についてお話いただきます。

 

 

6月16日(日)

ココネリ・研修室2

 

ご参加希望の方は

お名前・活動地区をお知らせください。

nerimachiikineko@yahoo.co.jp

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

下のバナーをクリックすると

ランキングの応援になりますヽ(^o^)丿