週刊文春「奄美大島 世界遺産ほしさに猫3千匹殺処分計画」 | ねりまねこ・地域猫

ねりまねこ・地域猫

地域猫活動を推進するNPO法人ねりまねこのブログ
練馬区公認ボランティア、東京都動物愛護推進員


テーマ:

週刊文春は60周年記念特大号

「奄美大島「世界遺産」ほしさに猫3千匹殺処分計画」

 

 

 

 

「希少種アマミノクロウサギを

絶滅から守るために

やむを得ず、猫を駆除する」

 

多くの人が

それは仕方ないことと

思わされました。

 

 

 

 

 

しかし、実際は

猫を駆除しなくても

クロウサギは大幅に増えていました。

 

 

環境省はこれまで

クロウサギの生息数を

2003年のデータ

2,000~4,800頭で説明してきました。

 

ところが、

朝日新聞の情報公開請求をしたら

2015年時点で、

推定生息数は15,221~39,780頭と

大幅に増えていました。

 

 

 

 

クロウサギが増えたのは

捕食動物であるマングースを駆除した効果と言われています。

 

対策の成果が出て喜ばしいはずなのに

なぜ隠していたのか?

 

 

 

ノネコの駆除ありきで

進められた計画の

背景に何があるのか?

 

 

 

問題の本質を知るためにも

ぜひご覧ください!

 

 

 

 

そして

人気記事アンケート↓に

奄美のノネコ問題について、続報を知りたいと

リクエストしてください。

 

 

週刊文春人気記事アンケート

 

 

 

動物愛護問題に

市民が関心を持っていることが

編集部に伝わらないと

このような記事は

掲載されなくなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただいま募集中、三毛猫姉妹 メイちゃん・コアちゃん

 

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

アニマルドネーションの

STORY with PET

 

応募期間は4/26まで

ペットとあなたの素敵なお話に

写真を添えて投稿ください。

 

1投稿につき1000円が

動物のために活動をする団体へ

寄付されます。

(総額50万円の寄付企画)。

 

詳細と応募はこちらをご覧ください!

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

NPO法人ねりまねこ 第5回定時総会

5月12日(日)

午後3時~

ココネリ・研修室1

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 

山形県天童市 カッパちゃん写真展

5/5(日)10~17時

ゆめみるいぬねこ友の会 プチマルシェ

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

下のバナーをクリックすると

ランキングの応援になりますヽ(^o^)丿

 

 

ねりまねこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ