3/22はさくらねこの日 | ねりまねこ・地域猫

ねりまねこ・地域猫

地域猫活動を推進するNPO法人ねりまねこのブログ
練馬区公認ボランティア、東京都動物愛護推進員


テーマ:

【練馬・猫シンポジウム レポート】

 

 

どうぶつ基金様のHPで

早速レポートをあげてくださいました('◇')ゞ

 

ねりまねこシンポジウム「解決!猫トラブル 避妊去勢手術で増やさない」参加レポート

 

 

 

 

3月22日はさくらねこの日です!

新しい記念日として登録されます。

 

 

「耳カットされた猫は、かわいそう」 ではなく、

「さくらねこは、かわいい」 と

 

人々の意識を変えていきたい

とのことでした。

会場の皆さんも広めてくださいね。

と佐上さんが声をかけたら

一斉に、撮影タイムに!

 

 

 

私達はずっと

行政と協働で

地域猫活動を推進しています。

 

 

 

 

しかし、この

猫シンポジウムは

地域猫活動にこだわらず

 

 

 

猫問題の解決において

広い視野、

新しい気づき・発見、

異なる方法、考え方

多様な価値観を

知ることを目的として

 

毎回、多彩なゲストをお呼びしています。

 

 

 

 

今回、

公益財団法人どうぶつ基金さまを

お招きしたのは、

 

 

おそらく全国の

猫ボラさんの

救世主であり、

 

 

不妊去勢手術の推進で

国内最大級の貢献をしてきた

団体だからです。

 

 

 

 

愛護団体はたくさんありますが、

「公益」がつく団体はわずかです。

 

新しいところでは、

公益財団法人動物環境・福祉協会Eva

公益社団法人 アニマル・ドネーション など

 

 

 

 

どうぶつ基金は

これまで8万4千頭を超える猫の

無料不妊手術を進めてきました。

 

 

 

2016年には、

犬猫殺処分ゼロへの活動で

(公財)社会貢献支援財団から

表彰されています。

 

 

 

 

私が依頼した講演内容は、

①不妊手術の推進

②行政との協働

を盛り込むことでした。

 

 

 

それらは私も

よく知っているので

講演のイメージはだいたい

想像できたのですが

 

 

 

実際のお話は

私の想像を超えていました。

 

 

新たな気づきや

がんばっている人への

応援を込めた

詳しい講演については、

次回に続きます。

 
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

どうぶつ基金・NPOゴールゼロも関わる

奄美のノネコ駆除問題

 

ビックコミックオリジナル「しっぽの声」
Yahooニュースに取り上げられました!

 

ビッグコミックオリジナルは

毎月5・20日発売。

定価370円。

「しっぽの声」奄美編は

単行本第6巻(発売日未定)の収録予定。

 

コンビニにあるので、見てくださいね。

 

【出典元:ビックコミックBROS】

 

 

 

 
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

下のバナーをクリックすると

ランキングの応援になりますヽ(^o^)丿

 

 

ねりまねこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ