超ねこボラ会議室レポート3 不妊去勢手術が最重要 | ねりまねこ・地域猫

ねりまねこ・地域猫

地域猫活動を推進するNPO法人ねりまねこのブログ
練馬区公認ボランティア、東京都動物愛護推進員


テーマ:

先週のDr.Jeffの講演では、

行き過ぎた殺処分ゼロのノーキルや

多頭収容に警鐘を鳴らしていました。

 

 

みなしご救援隊は

広島の殺処分ゼロのため、

猫全頭引取りを行い

ノーキルシェルターで多頭収容です。

 

対局にある両者ですが、

 

「不妊去勢手術が最重要」

という点は、完全に一致していました。

 

絶対数を減らさなければいけない。

少なければ大事にしてもらえる。

(ここもDr.Jeffと同じ)

 

※同じく広島で犬の全頭引取りを行う

ピースワンコは不妊去勢手術はほとんど行われていない。

 

 

 

その他、印象的だったトークをいろいろ

 

 

ねこけん代表

 

「以前は「飼い主のいない猫(野良猫)」対策をしていたけれど

問題は外ではなく家の中。絶対に

 

地域猫活動でカバーできない

屋内の猫は手術が進まず、繁殖していく。

 

愛情が薄ければ、捨てられ、殺される。

 

猫が好きな人、愛がある人は

抱え込み多頭飼育になる。」

 

 

「個人の活動には限界がある。

団体の方ができることが増える。

ねこけんといういい団体もあるので入りましょう。(笑)

 

団体はケンカになると言うが、

ケンカしたっていい。目的が同じだから。

助け合わなければいい活動はできない。」

 

 

みなしご代表

 

「相談に来るのは個人か、個人ボランティアばかり。

別に団体でなくてもいい。人付き合いが得意でない人もいる。

個人をまとめるために、全国野良猫連合会がある。

 

捕獲器の貸し借りなんかバンバンやってると

一人じゃない気がする。

 

近すぎるとライバル心もあるので、

少し離れてるのがいいかも。」

 

 

お金の話について

 

「こんな活動で儲かるわけがない

 

動物愛護活動も人気商売で、寄付が集まる。

 

同じ広島のピースウィンズは46億円も集めるが

私は私のやりたいことをやっている。

自分の実力では、46億も使い切れないからいらない。

 

付き合わない団体はいっぱいある。

あえて付き合う必要はないし

ケンカをする必要もない。

 

「来るもの拒まず、去る者追わず」で

去る者は追わないが、来る者は選ぶ。

信頼できる人間とだけつきあう」

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

獣医師会の中には

TNR活動に反発する人について

 

みなしご代表

「動物病院に連れていってもらえない猫を

ターゲットにしているので、

取った、取られた

言われる筋合いはない!」

 

と明確にバッサリでした。

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

みなしご代表

「動物愛護の意識について、

東京・神奈川・千葉・埼玉など関東は違う。

東京はパラダイス。

 

東日本より、西日本は厳しい

特に広島はひどい」

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

会場から、あらゆる質問を受けていました。

 

ケンカ上等で、何でもどうぞ。と

エキサイトすると、戦いのゴングが鳴りました。↓

 

一つ、中谷さんへ抗議がありました。

 

中谷さんが動物に「出るな」と指示すると

犬も猫も結界から出ないというお話の時でした。

 

譲渡活動をしている方から、

「結界なんてありません。猫は逃げます。

私達が脱走防止にどれだけ苦労しているか、

中谷さんのように影響力がある方が

軽々しく言わないでください。」と

 

その流れで、ねこけんでも、

50回くらい脱走された経験をお話しされました。

(全員、探し出しました)

 

そのため、脱走防止は徹底するし、

注意力が散漫な高齢者への譲渡も慎重です。

 

中谷さんは個人を見るので、

年齢では切らず、これまでにも

高齢者譲渡はしています。

 

90代に7才の猫を譲渡して

最後まで大切に飼ってもらった

エピソードを話してくれました。

 

マッチングを考えて

高齢者が子猫を欲しがっても

やんちゃで大変だと説得して

穏やかな成猫を譲ります。

 

譲渡の基準などは、

抱えている頭数や、

活動する環境の違いもあるでしょう。

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

Q 私は何をしたらいいでしょう。

 

みなしご代表

「できることをやればいい。

人と関わるのが苦手な人もいる。

いきなり捕獲器持って捕まえるとかできない人もいる。

寄附をするのも立派な活動。

自分のペットを大切に最後まで飼うのも立派なこと」

 

 

Q 日本は海外より動物愛護に遅れているのでは?

 

みなしご代表

「どこの国でも殺人をする奴はいるように

動物を虐待する人もいる。」

 

「ただ宗教が無いのは残念。

慈悲の心が足りない。

アジアなど貧しくても心が豊な国はある。」

 

「日本は2ちゃんねらーはたくさんいても、

野良猫1匹助けられる人はいない。」

 

「別にドイツがすごいわけではない。

日本では奄美※でネコを殺そうとしているが

ドイツの保護区では、犬猫もどんどん殺している。

※奄美大島を世界遺産をめざし、

希少種保護のため、ノネコ(イエネコ)を駆除する計画がある」

 

 

 

「イギリスの愛護団体と情報交換したが、

あちらは、ノーキルシェルターが少なく、

愛護団体が殺処分をしている。

 

「なぜ、みなしご救援隊は殺処分をしないのか?」と聞かれた。

イギリス人から見たら、合理的ではないそうだ。

 

イギリスにも悪徳な生体販売はある。

自国ではなく、東欧など貧しい国に

パピーミルを作り、輸入し、ペットショップで売られ、捨てられる。

 

ドイツ・イギリスなどの動物愛護先進国から

どこが遅れているかと、TVで

インタビューされたことがあるが

遅れていることはない。」

 

 

 

 

Q 法改正が必要では?

 

みなしご代表

「法には期待できない。

法律があっても警察が取り締まれない。

 

法改正しても、世の中が変わるまでに

相当、時間がかかる。」

 

 

 

 

 

Q 生体販売が無くなればいい

ねこけん代表

「ペット業界は2兆円産業で莫大な税金が入る。

行政の規制は難しい。

つぶせない大人の事情がある。」

 

ちばわん代表
「規制を厳しくすると、愛護団体に跳ね返ってくる。

前回の改正の際、移動販売の規制強化の議論の時に、

業界側は、愛護団体の譲渡会も規制の対象と言ってきた。

譲渡会ができなくなる事と、天秤にかけて規制強化をあきらめた」

 

「TV番組で純血種をもてはやすと、安易な購入につながる。

そういう番組は抗議をしてください。

視聴者の声で製作者も気づき、考え、変えていく。」

 

みなしご代表

「買わない、もうけさせない

5人に買ってはダメよと言いなさい。

聞いた人はそのまた5人に

伝えないと不幸になるよって。(笑)」

 

 

 

Q 餌やり禁止など、理解してもらえない相手にどのようにケンカするか

 

みなしご代表

 

「饅頭一個配って、頭を下げてケンカはせん。

透明なビニール袋もって、周辺のゴミ拾って

いい人になって、相手に歩み寄る」

 

 

 

Q 動物愛護をどうやったら伝えられるか

みなしご代表

「毛皮反対とか、グロテスクな写真を見せても逆効果じゃないか。

優しい人やいい人をつぶしてしまう。

私にも親切な人が残酷映像を送ってくれるけど

いーから送らんで、いじめですか?って気になる。

 

どうやったら伝えるかって

私らが、がんばるしかないですかね。」

 

「現実に、こんなにたくさんの人が集まっている 未来は明るい」

 

つづきます。

 

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

 

先日、JCOMで放送されたインタビューが

YouTubeで公開されました。

 

練馬人図鑑・NPO法人ねりまねこ

 

 

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

ひめちゃんの子供たち募集中です。

 

飼い主様大募集中!

ペットのおうち

 

 

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

 

練馬区ボランティア連絡会

7月6日(金)午後6時~8時

ココネリ3階 研修室2(定員48人)

練馬区内で猫問題の解決に関わる人達の情報交換会です。

餌やりさん、個人ボランティアさん、どなたでも参加できます。

途中入退場可

 

 

 

下のバナーをクリックすると

ランキングの応援になりますヽ(^o^)丿

 

 

 

ねりまねこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。