あ、どぅも私です。

あ、どぅも私です。

表現者、鈴木詔子の徒然日記で御座います(^-^)

観測史上類を見ない大きさと言われる台風が近付いていて、どこも注意を呼び掛けたり、交通機関は止まったり、お店から品物(主に食料)がごっそり消えたりとしていますね。

そんな中で、今週末に舞台やイベントの本番を迎えている多くの団体が、この台風の為に公演中止を決めています、英断ですね。
そしてそれでも公演をやるという団体があるということで・・・それが信じられないと、なんでだと、中にはそんな団体は馬鹿だ能無しだ死ねばいいだのと強い言葉で糾弾しているのも見掛けました。
そしてその多くが東京都内の小劇場舞台や地下アイドルのイベントなど、ですね。

とりあえず・・・・・・

小劇場のほとんどの団体は興行中止保険なんて入ってないでしょう・・・もしかしたら知らない人も多いんじゃないかしら?
(コンサートや演劇等のイベント興行が、悪天候、出演者の傷害や疾病による出演不能、交通機関の事故等の不測かつ突発的な事象により中止や延期を余儀なくされた場合、興行の準備の為に既に支出していた費用や、中止や延期に伴い臨時に支出が必要となった費用に対して適用される)
殺陣をバカスカ演るやつで、スポーツ保険を付けているところだって稀なのだもの・・・そこに掛ける予算が無いからなのか、そもそも知らないのか、だろうけれど・・・。
(ちなみに興行中止保険だとだいたい十数万〜、公演の規模によって保険料が変わりますね。スポーツ保険はもっと手軽です。)

公演中止はそっくりそのまま赤字・・・負債になるわけですよね。
公演をやろうがやるまいが、まるっと全て赤字。

そもそもそういう可能性もゼロではないことを加味した上で見積もりだったり公演予定を立てていない段階で見通しが甘いのですがね・・・。
安全や安心に絶対が無いように、絶対に公演が出来る保証なんてないのだから。

それで、です。

公演中止で抱える負債で、最悪は首を吊らなきゃ・・・って心理状態になる主催(宰)側は大袈裟ではなくいると思う・・・それだって人命ではある、とも、思う。
(中にはそういう心理状態の上でも中止を決めたって人もいるでしょうから、その人は本当に素晴らしいです。)
ここまで注意喚起もされている自然災害が来るという中で公演中止にしない団体はダメだ馬鹿だと強い言葉で糾弾しているツイートなどを見掛けると、まぁその通りではあるとは思うけれど、なんだか心苦しくもあるというかどこかモヤモヤするんですよね。
会社員やアルバイトなどでいったら、数ヶ月のお給料が、売り上げが、秒で消えたわけで。
とはいえ多くの人命には代えられないし、開催を強行することで出る可能性がある二次災害を考えれば、それが公演を中止にしない理由や言い訳にはならないのだけれどね。
(必死に準備してきたのに公演が出来ないのは悔しい。とか、一人でもお客様がいるのならば・・・っていう感情だけの人は論外です。)
でもキャストやスタッフはそれに対してじゃあ大変だから皆でこの公演分のお金を出し合いましょう!とは・・・ならないでしょ?なる?
なるならこの話しは終わりです、優しい世界。
まぁ大方、懐が痛むのは主催(宰)側だけなんですよ。
そんなの知らんがなっていう人がほとんどでしょうけれど。
じゃあキャストやスタッフの安全や生命はどうなるんだ!?って思うでしょうけれど。実際にその通りですし。
(そもそもそういった部分も考えた上で資金繰りが出来ないのなら最初から公演自体やらなきゃいいのにと個人的には思っている部類ですので。)

ただね、有名な団体やホールで公演を打っているようなところというのは、上で書いたような興行中止保険に入っていたり、こういう事態になった時に補填が出来るある程度の資金がもともとある。
(その上でも公演を強行するって言っているところは理解に苦しみますが・・・(^_^;))
まず根本的なスタートラインからして違うんですよね。

公演中止を決めるというのは苦渋であると思います、特に今回のような予測がしきれない災害を前にしてのことは本当に英断だと思います。
作り手として精魂を込めてきたものが観せられない悔しさや悲しみは途轍もないでしょう。

でもそれと同時にそういう気持ちの部分だけではなくて中止に踏み切れていない団体もあるだろうこと(もしかしたらお金云々じゃない場合もあるとして)、上から罵るだけなのではなく、少しだけ同じ作り手として目を向けてみるのもいいんじゃないでしょうか。
自分がお金の絡んだ舞台やイベントに観せる側として関わっているのなら。
(無理に寄り添えとか理解しろっていうことじゃなく。)
特に小劇場においては一回の公演中止がそのまま劇団の解散等に簡単に繋がりますし。

お客様・・・公演中止を決めたところでもし振替公演や延期をしている場合には安全確保等をした上で余力がある限りなるべく足を運んであげていただきたいです・・・出来ればグッズの購入とかもお願いいたします・・・。

誰だって損はしたくないですよね・・・ただこの情報社会で強行で開催したら一時の損害より大きな損害になるような気もしますけどね・・・。
信用は少なからず落ちるだろうし、そういうところとは仕事したくないって思われる可能性も高いでしょうし。
そもそも開催したとして辿り着ける人がいかほどか・・・0よりはいいと思うのか。
それこそどちらを取るか、には、なるでしょうが。
舞台やイベントは今回は公演中止にした方がいいというか、するべきだと思っている上で。
ずらずらと文脈もなんもあったもんじゃなく綴ったけれど、なんで中止にしないんだろう?っていう気持ちも、中止にしきれない事情もあるよなぁっていう気持ちも、どっちもあるから自分はモヤモヤするんだろうなって結論になりました。