今回の BTSの長期休暇に関して、その決定に踏み切ったビッヒを賞賛する記事がありました。

アーティスト/アイドルとしての旬の期間を考えると、会社としては普通なかなかロングバケーションを与えることに踏み切れません。

稼げるときに最大限稼がせて、元を取った上でさらに利益を出すのが、通常のやり方です。

ましてや韓国では兵役があるので、その前に売れるだけ売るのが当たり前。

そんな状況下で、更にはこのSNS時代に、365日中、一挙一頭即が報じられ、スキャンダルにも見舞われずに生き延びるのは至難の業です。

メンバーが壊れてしまう前に十分な休息を与え、リフレッシュして製作活動を再開出来るような環境をつくってあげる。

今回のビッヒの決定は音楽業界に一石を投じ、業界全体として良い方向に向かうための一種の青写真となれば...とライターも期待しています。

本当にお坊ちゃまたちは素晴らしい会社と契約してよかったですね💜

アメリカの医療への取り込み方、プリベンティブケアに似ていますね、予防医療!
問題が起きてからではなく、早期に問題の根を摘み取る!ということでしょうか。

このまま今の状況を続けたらメンバーが壊れてしまう!という危機感を持ったのかもしれませんね、ビッヒは。

その問題を先送りしたり見過ごしたりしないで、早め早めの正式な対応をする勇気に拍手をおくります❤️





防弾少年団は壊れる前に休息を取っているが、すべてのポップスターがそうするべきです

ファンはスポットライトから離れたお気に入りのアーティストを祝うことはあまりありませんが、BTSの最新の発表に関しては、熱心なファンベース(ARMY)は大喜びしています。


グループとしてデビューしてから6年経ち、RM、ジミン、ジョングク、J-ホープ、V、ジン、スガで構成される韓国のボーイバンドは、「休息とリラクゼーション」のために公式の休暇を取っています。

Big Hit Entertainmentの声明には、「デビュー以来初めて、BTSが公式で長期の休息とリラクゼーション期間を迎えます。」と発表。

「この休みの期間は、デビュー以来ずっと目標に向かって努力を続けてきたBTSのメンバーにとって、ミュージシャンやクリエーターとして新たに姿を現す準備をする機会です。

「これにより、彼らは20代の若者の日常生活をシンプルに楽しむこともできます。」


BTSはおそらくほとんどのポップスターよりも忙しいスケジュールをこなしています。  K-pop音楽業界は、バンドがツアーやアルバムやシングルのプロモーションを行うだけでなく、他のアーティストと競い合い、ソーシャルメディアで活動し続け、ライブストリームや定期的なインタビューを通じてファンと交流する毎週の音楽ショーで演奏するという点でユニーク です。

各シングルは「カムバック」として扱われ、各ラウンドで新しいコンセプトと新鮮なパフォーマンスが必要です。 その上、BTSのアメリカとヨーロッパでの大成功を投入し、さらにプロモーションを行うために頻繁に長距離便を利用しています。 さらに、7人のメンバーは全員ソウルに一緒に住んでいます。

彼らが休暇を取っているのも不思議ではありませんが、それは彼らが壊れてしまってからそうするのではなく、彼らがまだ幸せで健康なうちにいかにリフレッシュするか。

K-POP製造機は、スターを作成することに対するその強烈さで多くの注目を集めていますが、西洋の音楽業界(およびファン)は、アーティストを公正に扱うことに関しては、Big Hitを手本にするよりもひどい可能性があります。

「極度の疲労」は非常に一般的になっているため、ショーや出演をキャンセルするために使用される長年のジョークとして扱われていますが、それは本当のディールであり、大きな燃え尽きにつながる可能性があります。

エリー・グールディングは、彼女が続けても彼女の声は戻らないかもしれないと彼女の医者から言われた後、2016年に一連のコンサートをキャンセルしました。 ジャスティンビーバーはファンミをキャンセルし、同じ年にイベントで彼は「精神的、感情的に疲れて、うつ状態になった」と挨拶しました。

それでも、数え切れないほどのアーティストが、毎晩続くツアーをこなし、ゲームのトップに居続けることを期待されており、ソーシャルメディアで絶えずスイッチを入れ、常に笑顔を見せています。

あなたの勤務時間にあなたが元気かどうかをカメラで判断し、あなたの努力が十分ではないと言うすべての理由をあなたの受信箱に直接伝えるという状態で、あなたの勤務時間が延長されたと想像してください。

誰でもおかしくなるには十分な状況です。出力を改善することは決してありません。 ミュージシャンが地面に掘り下げられている状態で、どうやって素晴らしい演奏を披露したり、傑作をリリースしたりできますか?

そして、Big Hitをリードをするべきなのは役員だけではありません。  ARMYはBTSの発表を非常に支持しており、もちろん彼らは息を切らして、 BTSが帰ってくるのを待っていますが、少年たちに向けられた敵意はなく、ソーシャルメディアで「感謝するべきだわ、私たちがあなたたちをリッチにしているのだから」というようなメッセージはありません 。

アリアナ・グランデは、元ボーイフレンドのマック・ミラーを失い、婚約者のピート・デイビッドソンから別れた年に、いつものように彼女の新しいアルバムを宣伝するのに十分ではなかったとき、彼女は批判の弾幕に直面し、ツイートを余儀なくされました : '[一定のプロモーション]は私の精神的健康を破壊し、私にとって恐ろしいものでした。 私の人生の何年もの間、何も覚えていませんが、今はずっと良くなっています、キャリアの面でも、健康面でも。文字通りどの部門でも良くなったことがないので、私と私のチームのために来るのをやめてください。 文字通り。  [原文]。」

私たちは皆、ブリトニースピアーズがサポートを受けていないときに何が起こったのかを見ましたが、それ以来、劇的な変化はありませんでした。 しかし、BTSの面倒を見ているBig Hitの方針は今後のアーティストの扱い方に変化をもたらすと私は期待しています。

スポットライトから数ヶ月を離れて普通の20代になることは、BTSの成功に害を及ぼしません。彼らは休息し、元気を取り戻し、最も重要なのは、肉体的および精神的な健康状態を保ちながら、戻ってきます。 そして、誰もがメンタルウェルネスを気にかけていると主張する時代に、これは音楽業界全体がうまくいく青写真となるはずです。