皆様こんにちは。

NEO-STANDARD下高井戸店の牛澤です。

 

東京もいよいよ梅雨入りで、今日もしとしとと雨が降っていますね。

この時期は、湿気などによるカビ菌などに気を付けていきたいですね。

食べ物はもちろんの事、家の壁なども湿気でカビてしまうこともあります。

体の抵抗力が落ちてくると、空気中のカビ菌などに侵されやすくなりますから、しっかりと休養を取ったりして、免疫力が落ちないようにしたものです。

 

でも、これからの季節、私は雨よりも嫌なものがあります。

はい、それは「蚊」です。

蚊に刺されると、眠気を妨げるほどの痒みに襲われますし、特に指とか刺されると、若干発狂したくなるほど痒いですよね。

私も蚊に刺されやすいようなのですが、ある事をすると刺されにくくなるとの事。

虫よけスプレーでもいいのですが、就寝前にスプレーとかもしたくはないわけです。

それで、その刺されにくくなる方法とは・・・?

なんと「足を洗う」ことだそうです。「足を拭く」でも同じです。

蚊などは人間が感じ取れない臭いによって活発に行動するようで、人間の足にある『常在菌』によって生じる臭いが、蚊などの虫を活発化させるそうです。

なので、その臭いの発生源となる足の常在菌を拭きとることで、蚊に刺されにくくなるそうです。

足をきちんと洗って、アルコール除菌などを行えば、蚊に刺される頻度はぐっと減るとの事ですので、今年はこれを実践していこうと思います。

てっきり、首や頭の汗に寄って来るのかと思っていましたが、まさかの足とは思いませんでした。

足元をしっかりしておくのが良いというのは何でも同じなんですね。

お洒落も足元からと言いますしね。

 

下高井戸店も開店から5年が経過しています。

まだまだ足元固めを頑張って参ります。

お後がよろしいようで・・・。

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

NEO-STANDARD下高井戸店 店長牛澤