東日本大震災から8年

テーマ:

皆様こんにちは。

NEO-STANDARD下高井戸店の牛澤です

 

今日、3月11日は、東日本大震災が遭った日です。

私は地元が仙台なのですが、当時私は東京にいて、引っ越し先を探していた日でした。

物件を見て回って帰ろうとしたときに大きな揺れに遭い、とある駅の駅前に避難していました。

その揺れで、ビルの屋上に建っていた携帯電話の基地局のアンテナが中腹から折れ、今にも落ちそうな状態になっていた記憶があります。

その日は当然電車は動かず、肌寒い中、呆然としながら歩いて帰りました。

家族との連絡がつかないまま、眠れない夜を過ごしていたのですが、その後、仙台にいた家族は全員無事であることが確認できました。

そして、この地震があった際、津波に飲み込まれていく町をTVで見て、これはいったい何の冗談なのかと、混乱した頭で見ていました。

馴染みのある名前の市や町が、津波によって流されていく・・・。CGで作られた映像でもなければ、夢でもない。

自身としては何も被害に遭っていない。怪我だってしていないし、帰る家もまだあった。

ただそれでも、怖さだけは心の中に残った。

関東以南も、大型地震の警告はされている。いつ起こるかなんて、誰にも分からない。

北海道や九州も、大きな自信は続いている。本州だけ逃れるなんてことは、今さら考え難い。

自分だっていつ被害に遭うか分からない。

いつ死んでしまうのかなんて、分からない。

明日死んでしまうかもしれないけれど、それでもまた明日は来るだろうという、両極端な思いの中で、きっと人は生きていくんだと、思い直す今日の日です。

今の自分より、わずか一瞬先の自分が、人と自分に優しくなれるように生きていけたら、今よりちょっぴり幸せかもしれませんね。

 

そんなわけで、売り時は明日ではなく、今日かも・・・しれません。

不要なものが誰かの役に立つこともあるかもしれないですから。

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

NEO-STANDARD下高井戸店 店長牛澤