守備の名手って? | ハゲおやじのブログ

ハゲおやじのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

いや~、昨日の雨雷凄かったですね~!!長いこと生きとってあんな豪雨滅多に見た事が無い、って言うぐらい凄かった。みなさんの周りで被害など有りませんでしたか?

我が家のわんわんのマロが滅法雷に弱いので、あの豪雨の中、急いで車で帰宅(家に誰も居なかったので)。千切れんばかりのワイパーフル回転、時速20~30Kの超安全運転、でも対向車とすれ違うたびにバケツの水ぶっ掛けられた様でブレーキ!いつもの倍以上の時間かけて帰宅。ぶるぶる怯えていたがマロもどうやら無事でした、やれやれ汗                 って野球とは関係ない話でした合格



話は変わって、先日の練習試合!私用で当日は居なかったのですが、報告やらスコアブックを見るところ、やっぱり出さなくても良いランナーを度々出していますねショック!

記録には出てませんが、これも目に見えない守備のエラーです (ちょっと厳しいですが)。特に技巧派投手の場合はバックの出来不出来でピッチングが大きく変わってきます、それだけ守備に掛かってくるウエイトが大きいのです。


ベンチサイドで見ると、ファインプレーをする選手より、エラーをしない選手が勿論一番です!安定感の有る守備ですね。(ヤクルトの宮本選手・中日の荒木選手等等)


これらの名手はエラーをしないのは勿論ですが、ヒットを防ぐポジション取りをしています、よってヒット性の打球を簡単に捌いているのです(他の選手でしたらダイビングキャッチでファインプレイなんでしょうけど)。

私が学生の頃、内野手がキャッチャーのサインを外野手にサインで知らせてました。これによって外野手も守備位置を一球一球変えたり、打球に対してのスタートを切り易くしていました。

ここまでする必要が有るかどうかは分かりませんが、野手はせめて打者(一般的には打順・バットの振り・バットの長さ)によって守備位置を都度変えてみるものです、それによって、内野安打・ポテンヒットなど少しは防げるのではアップ


ただこれは経験と他の野手との連携が必要になってくるので、日頃から意識を持ってやってください。


 ここで一句  「失敗だ!  後悔するなら  準備しろ」

                                 ハゲおやじでした。

ハゲおやじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス