今日13時7分やぎ座で満月を迎えます。

 

2017やぎ座満月・関連記事

http://ameblo.jp/neoluminous/entry-12290680671.html

http://ameblo.jp/neoluminous/entry-12290376108.html

 

 

時々ご紹介している言葉を。

 

わたしの好きな言葉に

宗教の語源である「religion」という言葉があります。

re ふたたび
ligare 結びつける

という言葉が重なったことば。

宗教とは、神とふたたび結びあうこと。

それは、外側の神ではなく

内なる神性と結びあうこと。

わたしは、この「再び」という言葉に
大きな意味を感じます。

つまり、わたしたちは
もともとひとつであったことを表す言葉。

人生と言う旅を通じて
わたしたちは
自分自身と
そして、この世界と

内なる神性と

何度も何度も結びあって
再びひとつになっていくのだと思います。

 

この結びつけるという作業

これは、この地球におけるテーマ。

 

誰でも内なる神性があります。

でも、その神性はただそれだけでは発揮しません。

 

点が散らばっている状態です。

 

自分の体験と結びつけることで

この地上に現れることができます。

 

内なる神性を自分自身と結びつけることは

内なる星を結びつけることと同じ。

 

何度も何度も結びつける。

結びあわせる。

 

泣きながら

笑いながら

 

そして、その純粋さ(神性)に近づいて

それそのものとして生きていきます。

 

 

 

 

今回のやぎ座の満月を簡単に言うと
その足元は大きく揺らぎ、混沌とした時空の中から
天国への門(引き返せない門)を見つけくぐり、
内なる神(神性)とハグするような満月です。

 

神々の門へ導くのは、

生まれ変わっても変わらない

すべてを失っても失うことのない

揺さぶられて初めてその姿を現す

魂の奥にしまっておいた「約束」。

 

それは、遠く離れているものではなく

自分自身そのものであったことに気付くでしょう。

 

そのとき、すべての経験と出会いや別れが「感謝」につながる。

 

 

そして、あらためて思うのです。

今、自分の中の魂の真実とともに
約束の場所を目指して歩んでいこうと。

 

 

 

よい満月をお迎えください。

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 

のちほど、やぎ座満月特別セッションのご案内UPします!

限定30名様。

全国書店・AMAZONにて販売中💖

https://www.amazon.co.jp/dp/4046019301

 

 

●新月、満月、下弦、上弦にメルマガ配信中です。

 

先行案内やさらに奥深いところの宙模様と心の動きについて。

https://mm.jcity.com/Register?u=grandtrine&m=4

 

 

ルミナ