YOSSYさんと水草談義。

テーマ:

 先日ロイヤルファロウェラの子供を頂戴しに、


「YOSSYのトロピカルライフ」のYOSSYさんのところにお邪魔してきました。


YOSSYさんとは一度ゆっくり水草談義をしてみたかったので期待に胸膨らませて向かいます。

駅で待ち合わせ、YOSSYさんの仕事場に着くとそこには鮮やかな水槽群が!

一つ一つの水槽にコンセプトがあり、それに合わせて観葉植物や魚、水草が配置されています。

 

「肩肘張って繁殖! 綺麗なレイアウト!」


という次元は既に通過して、


「気に入ったレイアウトの中で魚が勝手に累代していく」


という境地に達しておられました。

飼育の理想形であり、今後の生き物飼育をする上でとても参考になりました。

 

 

アピストグラマ アガシジィ

 

 

 

きれいなオスがいた!

 

 

 

 

近づくと隠れた・・・

 

 

 

アピストグラマ パンドリーニとエンドラーズ

 

 

 

アピストは逃げる、エンドラーズは動くで捉えきれませんw

 

 

エンドラーズ

 

 

 

推定40数代目の個体。

15年以上維持されているとのこと。

 

 

 

クリプトの1種

 

 

 

湿地環境できれいに維持されていました。

 

 

 

セラギネラの1種

 

 

 

 

ロタラの1種

 

 

 

 

 

 

植物は色々と名前を教えて頂くも覚えきれませんでしたあせる

 

 

今回の目的、ロイヤルファロウェラ水槽を見学。

 


ロイヤルファロウェラ オス

 

 

 

口周りのギザギザがオスの証だそうです。


これの子供が丁度生まれていました。

 

 

ロイヤルファロウェラの稚魚

 

 

 

 

1㎝くらいでしょうか。

稚魚としては大きい方ですね。

動きはまだまだ赤ちゃんですw

 

 

孵化後8ヶ月の幼魚

 

 

6㎝くらい。

ショップで見掛けるのはこのサイズですね。

 

 

YOSSYさん曰く、そろそろオスのギザギザが出てくるサイズらしい。

目を皿にしてオスを探しますが分かりませんでしたw

とりあえずオスメスっぽい3匹を選んでお持ち帰り。

 

餌にはプレコタブを与えていると伺ったので、同じくプレタブを与えている熱帯産ボウズハゼ水槽に投入!

 

 

 

 

 

 

 

水には馴染んだようで一安心。

現在、プレタブ無視してひたすら壁面のコケを齧るw

うまく育てられるか!?

 

 

 

お土産にYOSSYさんからインドのロタラも頂きました!

 


帰宅後早速植える

 

 

 

 

小ぶりでいい感じです。

ここからどう変化していくか期待ですね。

 


YOSSYさん、今回は色々と楽しいお話ありがとうございました!

 

 

 

 


にほんブログ