どの土地を誰が持っているかは誰でも役所で簡単に調べることが出来る 〜土地台帳の調べ方〜 | 不動産好きな旅人、ネットを活用するネオバックパッカーのブログ!

不動産好きな旅人、ネットを活用するネオバックパッカーのブログ!

元不動産営業マンだったが、日本の不動産に見切りをつけ日本、海外を旅しながら海外投資とインターネットを活用したビジネスを展開していく。不動産情報、旅日記、海外投資の実践記、ネットを最大限に活用したビジネスの実践記。

不動産営業マンは「どこの土地を誰が持っているか」ということを知っています。最初はなんでそんなことを調べられるんだろうと思っていたけど、結構簡単でした。





まずは、その土地がある市役所に行きます。もし、自分の住んでいるところの土地であれば自分の住んでいる市役所に行きます。




次に、市役所で税金関係を扱っている部署に行きます。




もしわからなければ市役所の受付で、「土地台帳はどこで調べられますか?」と聞けば教えてくれるはずです。僕の住んでいる街では「資産税課」という課で管理してました。




目的の課にたどり着いたら「土地台帳を確認したい」というと申請用紙の書き方など教えてくれます。




ここで注意したいのは、「地番」と呼ばれる土地の番号を用紙に書き込まなければいけません。「地番」とは住所と違って1つ1つの土地に降ふられている番号です。住所というのは建物についている番号なので地番とは違います。




親切な役所には、ゼンリンという地図会社が出している「ブルーマップ」という地図が置いてあって自由に確認できるようになってます。ブルーマップには街の詳細な地図と住所、地番、居住者が掲載されているので、もし役所で貸してくれればそこで確認できます。カウンターに置いてあったりしますが、もしなければ一応聞いてみましょう。




ここで地番がわかれば申し込み用紙に記入します。




ちなみにこれはタダじゃないです。多分街によっても違いますが、300円から500円くらいのお金がかかります。




大きな役所になると不動産屋建築関係の人が結構調べに来ているので、かなり良い収入になるでしょう。




僕が良く行っていた役所には暇そうなおじさんが世間話をしながら対応してましたが、あれなら時給600円でもいいくらい簡単そうな仕事です。まさか、正社員で数十万の給料をもらっている人の仕事だとは思いたくないですが、、、






申し込み用紙を渡すと「土地台帳」というものを貸してくれます。


本みたいになっていたり、古いバインダーに綴じてあったりと様々ですが、そこには


・土地の地番


・土地の大きさ(㎡)


・土地の地目(畑、宅地、田、雑種地など)


・登記年月日(一番最近台帳を書き換えた日)


・事由(台帳を書き換えた理由、相続、贈与など)


・土地所有者の住所


・土地所有者の氏名


・他にも所有者がいればその人の住所氏名と持ち分の割合




が書かれています。


こんなに沢山の情報を調べることができます。


不動産営業マンが家を訪ねて来て、


「土地を売ってください」とか言って来たらこうやって調べているんです。


最初はなんか後ろめたい気がしながら調査してましたが、だんだんと慣れてきます。と、いうかみんな普通に調査してます。




最初はこんなに簡単に人の土地の所有者や住所がわかっていいのかと思いました。




これって知っておくと結構使えると思います。


例えば隣の家が空き地でまったく管理してないから草が伸びて自分の家に来ているときに、そこに誰も住んでいなければ文句の言いようがないですが、役所に言って調べれば誰が持っているかわかります。




誰の所有かわかれば104に電話して住所と名前で登録してあれば電話番号を教えてくれますので文句の電話を入れてあげましょう。




他には、隣のアパートのゴミの出し方が悪くて文句を言いたいけど、看板も出てないから管理会社も大家さんもわからないという時にもこうやって調べることが出来ます。




隣の崖が崩れそうなのにまったく対策を取らないので地震や台風のときなどに怖いから対応してほしいとか、所有者がわからなくて言えなかったことがあると思います。






そんなときのために知っておくと便利だと思うので、是非ブックマークに入れていざというときに活用してください!~





by カエレバ