どうも〜トリミングサロン、ペッットサロンの経営コンサルタントのNEOですよ(´∀`)

 

 

 

 

 

今日は昨日の続きですよ!!

 

 

 

 

 

話が打線すると、昨日の記事に期待して今日見に来てくださったあなたに申し訳ないので、

 

 

 

早速話していきますよ( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

 

 

 

■『自分のことだけを考えて人に期待しているうちは、誰もあなたに答えなんて教えてくれない。』

 

 

 

これあなたはできていますかね〜

 

 

 

 

 

特に!!!

 

これから独立を考えている方や独立したばかりの経営者さんに多いし、

 

 

 

NEOに相談してくる経営者さんの中でも、経営が現状うまくいっていない人に多いこと何ですけど。。。

 

 

 

 

 

この人と知り合えば!!!

 

 

『自分の経営が良くなる何かすごい力』を貸してくれるんじゃないか?

 

 

『自分の経営に役に立つ行動』をしてくれるんじゃないか?

 

 

 

 

そうやって、自分に足りないものやできないことを周囲の人に期待して、繋がりを持とうとする方って多いです。

 

 

 

 

 

だから、経営者が集まる異業種交流会に行って一生懸命名刺を配ったり、

 

 

 

Facebookやtwitterなどからメッセージを送ったりね。

 

 

 

 

 

でもね。

 

 

誰も、あなたの経営が成功するための力は貸してくれないし、

 

 

誰も、あなたが期待しているような成功の答えは教えてくれません。

 

 

 

 

 

例えば!!

 

 

 

 

あなたが何かの資格試験に合格するために、必死に勉強したとします。

 

 

 

 

猛勉強して完璧!!いよいよ試験当日になり、

 

 

席は一番後ろの角の席でした。

 

 

 

 

たまたま同じ長机の横に座った人が、あなたが一度だけ会ったことがある程度のそこまで仲良くはないけど顔は知っている人だったとします。

 

 

 

 

試験時間も残り少なって来た時、試験監督は全員外に出て行ってしまって休憩でもしているのでしょうか。

 

 

 

誰もいない状況。

 

 

 

 

そんな状況で、その隣の席の方が、全然勉強して来てないから『答え』を見せてくれないか?

 

 

 

 

って聞いて来たら、あなたなら快く自分が解いた全部の答えをその人に教えてあげますか??

 

 

 

それが、毎日飲みにいくくらい仲の良い昔からの大親友だったらどうでしょうか??

 

 

 

 

 

自分自身は、最初から相手のために何かしてあげるつもりなんてないのに、

 

それでも自分にとって役に立つ『行動』をしてくれるんじゃないかと相手に期待して、

 

上っ面で薄っぺらい付き合いをしてくる相手に、

 

 

 

 

自分が苦労して持っている情報を快く相手のために出そうとする人はいないものです。

 

 


 

 

それなのに、自己都合で自分が相手に勝手に期待した行動をしてくれなければ、

 

 

お前は最低な奴だな!もう金輪際あなたのために力なんて貸すものか!!って怒り出す人がいますが、

 

 

 

 

 

あなたはこんな人をどう思いますか??

 

 

 

 

 

 

こまめに連絡をとりあい、深い付き合いをしている中で、

 

 

 

自分が本当に困っている時に助けてくれたり、相談に乗ってくれたり、力を貸してくれた。

 

 

 

 

そんな人が今度は困っていたら、全力でその人のために力を貸したいと思うものです。

 

 

 

またそこには、お互いが『こいつだからこそ!こいつのために何かしてあげたい』という信頼関係で成り立っていて、

 

 

これをしてあげたんだから、今度はあなたがしてよ!っていう『見返り』なんて最初から求めてないですよね。

 

 

 

 

そうやって見返りや自分の利得の無い『持ちつ持たれつ』の関係だからこそ、

 

困った時は、お互いに全力で力を貸してくれるものです。

 

 

 

 

NEOに相談してくる方の中に、

 

『トリミングサロンを開業しようと今動いているので、NEOさんのLINEを登録しました。

 

 

開業直前は、わからないことがたくさんあるので、その時は教えてください。

 

 

また連絡します。』

 

 

 

 

 

 

 

こんな方も多いですが、もしあなたがNEOならどうしますかね??

 

 

 

 

 

 

ホームページ制作会社の社長と知り合えば、安く制作してくれるんじゃないか??

 

 

この業界で成功した社長と知り合っていれば、成功の方法をすべて教えてくれるんじゃないか??

 

 

 

 

そうやって見返りを期待して、自己都合の期待を求めた薄っぺらい付き合いというのは、

 

 

 

 

相手も同じような人を何人も見て来ていますから、全て見透かされてしまいます。

 

 

 

 

 

これは、従業員やお客様も同じです。

 

 

 

 

お金を払っているんだから、それに見合った働きをするのが当たり前!

 

 

従業員なんだから、経営者自身がやるよりあなたがやるのが当たり前!

 

 

 

 

そんな見返りを求めているうちは、

 

 

 

 

あなたのために全力で力になってくれる頼りになる従業員なんてできません。

 

 

 

 

 

出会いのきっかけが別にFacebookなどのSNSや交流会だっていい。

 

 

 

 

 

でもそこからはぜひ、見返りや自己都合の期待なんて持たずに、

 

 

 

 

まずは、相手と何度も会い、深く付き合い、自ら無償で相手のために好意を与える習慣をつけていってみてください。

 

 

 

 

 

 

■『物事を否定的に捉えているうちは、周囲もあなたの人格を否定し去っていく』

 

 

 

 

これは、幼少期の親の影響が大きいと言われていますが、

 

 

 

NEOは特に自分の親が否定的だったり悲観的なことをいう人ではなかったけど、

 

 

 

 

独立してから、気づいたらそんな自分になっていました。

 

 

 

 

だからこそ、従業員もお客様も、誰も自分について来てくれなかったと今ではわかりますが、

 

 

 

 

あなたも気づかぬうちに、そんな人になっていませんか??

 

 

 

 

 

自分のことを振り返ってみると、

 

 

当時、うまくいかない現状に、自分自身に自信を持つことができなくなり、

 

 

『周囲は自分をどう見ているのか?』ってことばかりが気になりだして、

 

 

 

 

初めは、自分自身をせめて、こうじゃ無い!とか自分自身を否定していたのが、

 

 

 

 

 

どんどん周囲の『物事』や『人』を否定する発言をするようになっていました。

 

 

 

 

 

自分に自信がなく、周囲の自分に対する目が気になり、不安になるからこそ、

 

 

 

 

 

その感情が周囲の『人』に向いて、

 

 

相手の欠点や短所、悪い部分ばかりが目につき、非難したり、批判的な発言をしてしまう。

 

 

 

 

当たり前ですけど、自分の人格を批判されたり、否定的な発言ばかりをする相手に好意を持ってくれる人はいませんし、

 

 

 

 

同じように、批判してきた人自身の欠点など否定的な部分を見てくるようになるものです。

 

 

 

 

あなたがしたのと同じように、周囲はあなたの長所を褒めて肯定的な発言をしてはくれなくなるってことです。

 

 

 

 

 

そうなると、自分に自信が持てない状況で、自分の人格を否定された態度を取られたりすると

 

 

 

 

無性にイライラしたり、不安になったり。

 

 

 

 

自分が傷つくのが辛いから、さらに人を批判したり、否定したり、

 

 

 

もうお前なんていらない!!って突き放したりしてしまう。

 

 

 

 

 

そう!!

 

 

 

当時のNEOは、現状がうまくいかないのを『人のせい』にして、

 

 

自分に自信が持てない不安から逃げるために、人を否定してばかりしていたからうまくいかなかったんです。

 

 

 

 

だから従業員がすぐ辞めていったし、誰も自分が思うような行動や反応はしてくれなかった。

 

 

 

 

 

どんどんストレスは溜まるし、イライラして、どんどん自分を追い詰めて精神的に疲れる。

 

 

 

 

そんな毎日でしたね(笑)

 

 

 

 

 

人って、自分を褒めてくれたり、元気にしてくれる人の側にいたいと思うものです。

 

 

 

 

 

だからNEOは、『否定的』に物事を考えたり、周囲の人を見たり、発言することを止めて、

 

 

 

 

どんな時でも『肯定的』に捉えて、肯定的な言葉を使うようにしたんです。

 

 

 

 

 

『人』に関しては、昔従業員の扱い方で書いたことがありますが、

 

 

 

 

 

人の欠点や短所を見つけることって簡単ですよね。

 

逆に、否定的な考えを持つ癖がついていると、相手の良いところや長所を見つけることが難しいもの。

 

 

 

 

 

でも、人は皆完璧な人はいませんから、必ず『長所』と『短所』を持っています。

 

 

 

 

それがその人の個性なんです。

 

 

 

 

 

だから、短所をわかった上で、『長所』だけを一つでも多く見つけて、口にするようにしたし、

 

 

 

 

 

相手の長所を見つけては褒めるようにした。

 

 

 

 

 

 

また、何かちょっとでも、どんなに小さなことでも成果があれば、

 

 

 

 

こんなの大したことじゃ無いよ〜

 

まだまだ全然ダメだよ〜

 

 

 

 

っていう否定的な見方をするんじゃなくて、

 

 

 

 

すげ〜じゃん!!やったじゃん!!って肯定的に捉えるようにしました。

 

 

 

 

 

そうすると、

 

 

 

小さな成果の積み重なりで、自分自身にどんどん自信が持てるようになり、

 

 

 

 

もっと頑張ろう!!これなら絶対うまくいく!!ってやる気やエネルギーも出てきたし、

 

 

 

 

その希望に満ちたパワーに従業員が集まってきた。

 

 

 

 

何よりも気持ちが楽になり、辛かった毎日が楽しくなり始め、

 

 

 

 

 

従業員も、どんどん自分を肯定的に褒めてくれ、力を貸してくれるようになっていきました。

 

 

 

 

 

振り返ると、この『肯定的』に物事や人を見たり、発言するっていうのが、NEOは一番大変だったし、

 

 

 

 

 

どんどん経営が良い方向に向いたのも、これが一番大切なことだったと思っています。

 

 

 

 

 

否定的に物事を捉え、否定的な発言をし、モチベーションを下げる人とは、誰も一緒にいたいとは思えず周囲は去っていく。

 

 

 

 

自分の否定的な発言で人を傷つけると、人もあなたを否定的な発言で傷つける。

 

 

 

 

経営していく上では、お客様や従業員、皆『人』ですからね!

 

 

 

 

よくなりたい!と思うなら、まずは自分から肯定的な発言や見方をして、

 

経営者自身が元気な心になり、周囲を明るくしないとダメですよ〜!!

 

 

 

 

 

 

 

■『マイナスな言葉ばかりを口にしてると、結果もその通りになる。』

 

 

あ〜今日も一日ダメだったわ。

 

 

今週全然予約入ってないな。マジでやばいな。

 

 

うまくいかないな。

 

 

お客さん来ないな。

 

 

このままじゃ潰れるな。

 

 

 

 

こんなマイナス発言を日常的に口にしていませんか?(笑)

 

 

 

 

 

これは、上記に書いた否定的な発言が起こす悪循環にも関係していることなんですけど、

 

 

 

半分は、都市伝説みたいなものだから、NEOも正直なんでかはわからないです(笑)

 

 

 

 

 

でも、振り返ると、経験談からそうだよ!って思うからそうなんです(笑)

 

 

 

 

 

例を出すと、たとえば!!

 

 

 

 

 

予約の入ってたお客様が来店しない、、、電話も繋がらない。。。

 

 

そう!!

 

 

 

バックれのキャンセルってことです。

 

 

 

 

トリミングサロンを経営してたら、皆経験してることですよね。

 

 

 

 

そんな時、

 

 

 

 

あ〜また予約キャンセルだよ〜マジ最悪。

 

 

 

 

そんなマイナス発言、経営者のあなたは発言してないですよね??

 

 

 

 

 

こういうマイナス発言をすると、それが続いたり、結構その通りになります。

 

 

 

 

予約キャンセルが増えたりね。

 

 

 

 

 

逆に、肯定的に発言していると、それもまた、その通りになります。

 

 

 

 

キャンセルが出たら↓

 

 

 

でも良かったじゃんキャンセルが出た分今日は定時で帰れるな!とか

 

 

 

忙しくてできなかったカルテ整理やブログ更新する時間ができて良かったな!とか。

 

 

 

 

今週予約が全然入ってないなって時なら↓

 

 

 

あと五件くらい電話がなったら最高だな!とかね。

 

 

 

 

 

どんな状況でも、どんなに辛い問題が起きたとしても、

 

 

 

でも良かった良かった!って肯定的に考えて、口にしていると、どんどん良い方向に向いていくし、

 

 

 

 

たとえば、上記の予約で言えば、やった一件電話入ったからあと四件じゃん!順調順調””って

 

 

肯定的な発言を繰り返していると、どんどん結果が好転していくんですよね。

 

 

 

 

キャンセルとか、嫌なことはついついマイナス発言を口にしてしまいますけど、

 

 

 

 

マイナス発言をしていると、どんどん結果も悪くなっていくし、

 

 

 

 

肯定的に捉えて、プラスの発言をしていると、結果も好転していきます。

 

 

 

 

これマジですよ(笑)NEOもなんども経験してますし、

 

 

 

 

何か嫌なことが起きた時も、

 

 

でも良かったよ。今それがあったからまた成長できるわ!とか、

 

 

 

 

それがあったおかげで今気づけたから本当に良かったわ!って口にしてます。

 

 

 

 

やっぱり従業員もそうですけど、否定的な発言をしたり、悲観的な考えの経営者は、従業員もモチベーションが下がり、

 

 

 

どんよりした空気になっていくし、お客様もその空気が嫌で離れていく。

 

 

 

 

 

肯定的な発言をしてる明るい経営者には、従業員も元気付けられてお店が活気付いてくるし、

 

 

お客様もその熱量に惹かれ、集まってくれる。

 

 

 

 

 

全部、経営者の行動や発言っていうのは、売上に直結してるってことだとNEOは考えています。

 

 

 

 

 

 

まだ全然伝えたいことが書き足らないのですが、文章が長くなってしまったので、

 

 

 

 

 

続きはまた明日書きますね(´∀`)