どうもNEOです〜!

 

 

 

 

ちょっと更新ができていなかったので、

 

時間のできた夜な夜な頑張ってブログ更新しますよ〜!

 

 

 

 

 

 

さて、今日は、今就職活動中の新卒トリマー、第二新卒トリマー向けの記事。

 

 

 

 

 

先日ニュースで、内定辞退者6割越えという記事がありましたね。

 

 

 

 

いいですね〜NEOが就職活動をしていた学生時代とは大きく変わって。

 

 

 

 

 

今は売り手市場って言われていますし、

 

 

 

 

 

求人広告出稿数は、バブル期並みと言われている昨今。

 

 

 

 

 

どの企業も人手不足で、

 

 

対して能力のない人材であっても、簡単に内定をもらえてしまう時代ですからね。

 

 

 

 

 

ペットサロン業界も人手不足に関してはかな〜り深刻で、

 

 

 

 

NEOに求人の獲得に関する依頼も、ここ最近かなり増えてます。

 

 

 

 

特に、

 

 

 

地方部で経営されているサロン。

 

 

 

 

開業当初の小さなサロン。

 

 

 

 

売上規模が1000万以下の小さなサロン。

 

 

 

 

 

こんなサロンは、無理して求人募集時の給料設定を高くしても、

 

 

 

人件費が経営を圧迫してしまって火の車状態になってしまっていたり、

 

 

 

 

 

そもそも、どんなに頑張っても、出せる給料に限界があるので、

 

 

 

 

求人募集には悩まれているのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

これを読んでくれているトリマーの皆さんからすると、

 

 

 

どのサロンも競い合って給料を高く設定してくれているし、

 

 

 

 

 

大抵どこに面接に行っても、自分が入りたいと思ったところなら入れるから、

 

 

 

 

 

給料や福利厚生をチェックして〜好条件のペットサロンを選びたい放題!!

 

 

 

 

 

そんなあなたは、以下のような言葉を面接時に質問したこと一度はあるんじゃないかな。↓↓

 

 

 

 

・ここは社会保険はあるのですか?

 

 

・ここは休みは週何日取れるのですか?

 

 

・ボーナスはありますか?

 

 

・年商ってどのくらいなのですか?

 

 

 

こういう質問って、

 

実は、お父さんお母さんの話が大きく影響している場合が多いです。

 

 

 

 

当たり前ですよね。

 

 

大切な大切な我が子が、専門学校を卒業して、就職するとなったら、

 

 

 

 

『生涯生活の安定する就職先に入って欲しい』

 

 

 

 

 

そう願うのが親心ってものです。

 

 

 

 

その生活の安定する!っというところのモノサシが、

 

 

 

『週休二日制』で

 

 

『社会保険』が完備されていて、

 

 

『賞与』があって、

 

 

『給料』がそれなりに高くて、

 

 

誰もが知っているような『大手』で将来『潰れる』心配のないところ。

 

 

もちろん『残業』がなくて定時で帰れる。

 

 

 

 

 

普通に勤めている親御さんが多いから、

 

 

 

 

 

自分が勤めている『企業』を基準に、安定するところを話すから、

 

 

 

 

上記のような、就職先に求める条件が『大手企業』や『公務員』のようなところに入りなさい!!

 

 

 

 

 

そう可愛い娘に話しますからね!

 

 

 

 

 

でも、ペットサロンで上記条件に当てはまるところってかなり少なくて、

 

 

 

 

 

条件に当てはめようとすると、

 

 

動物病院併設サロンや大手ペットサロン内の併設サロンってことになるんですね。

 

 

 

 

ペットショップのように、生体や物販の収益がほとんどの割合を占めていたり、

 

 

 

 

動物病院のように、施術での収益がほとんどの割合を占めていて、

 

 

 

 

付加サービスとしてトリミングを行っているのでなければ、

 

 

売上規模も1店舗で数千万程度ですから、

 

 

 

 

 

ペットサロンだけで商売しているサロンでは、

 

 

 

 

給料や福利厚生に使える人件費にも限界がありますしね。

 

 

 

 

 

開業したてで、初めて求人広告を出した経営者さんや

 

 

 

売上が小さくて福利厚生の充実まで余裕のない経営者さんは、

 

 

 

 

今まで面接した子から、

 

 

『親が条件が悪いからやめなさいと言われたので辞退します』

 

 

 

 

『親が無名の店舗よりも、もっと安定する動物病院併設サロンにしなさいと言われた。』

 

 

 

 

『もっと行きたいところに内定をもらえたので辞退します』

 

 

 

 

こんなことを内定を出した子から言われた経験が一度はあるんじゃないかな。

 

 

 

 

ちなみにNEOも開業当初かなり経験してます(笑)

 

 

 

 

 

どんなに給料を出したくても、売上が小さくて人件費に使える資金に限界がある。

 

 

 

 

だから今はこれしか出せないけど、、、

 

 

 

 

でも、絶対成功してもっと大きな店にする!

 

 

 

 

 

それと比例して給料も、どこの店舗よりも高給取りのサロンにするから。

 

 

 

 

だから一緒にお店を大きくして言って欲しい。

 

 

 

 

 

そんなことを言っても、

 

 

 

 

内定者が家に帰り、、、

 

 

 

 

親御さんに、話すと、、、

 

 

 

 

 

『そんなサロンなんかに勤めても幸せになれない!もっといいところがあるから、そこは辞めなさい!』

 

 

 

 

 

『そんな条件の悪い企業なんてありえない!ブラック企業だ!』

 

 

 

 

そんなことを言って、反対するから、

 

 

 

当の本人も、親が言っているから辞退します。となりますよね。

 

 

 

 

まあNEOも同じ場面になったら、可愛い可愛い我が子にも同じことを話すと思うし、

 

 

 

 

大多数の親がそう子供に話すんじゃないかな。

 

 

 

 

 

でもね!

 

 

 

 

NEOは、今就職活動中のトリマーの卵にどうしても言いたい!

 

 

 

 

 

親が我が子を思って話す『良い就職先』っていうのは、

 

 

 

 

『今現在!』の状況をみたモノサシでしか判断していないし、

 

 

 

 

今後それが続くって保証はどこにもない。

 

 

 

 

 

 

大手企業だって潰れる時代だからね。

 

 

 

 

 

それに企業は、一人でも多くの人材を確保するために、『入社当初』は好条件に感じたとしても、

 

 

 

 

入社してから

 

 

 

『1年後』

 

 

 

 

『3年後』

 

 

 

 

『10年後』

 

 

 

 

の昇給や福利厚生の変化は、就職先によって全然違う。

 

 

 

 

 

入社当初はエリアで一番給料が高く設定されていたけど、

 

 

 

 

3年経っても『数千円』しか昇給されない。

 

 

 

 

気づいたらエリアのサロンの中でも下から数えた方が早いほど安月給で働いている、、、

 

 

 

 

っなんてことだってあるし、

 

 

 

 

 

逆に、入社時は、まだできたばかりの新規開業サロンで、

 

 

 

 

お客さんが少なく、売上も全然経っていなかったのに、

 

 

 

 

 

経営者の手腕で、どんどん名前が売れてお客様が集まってきて、

 

 

 

 

 

3年後、すごい繁盛店になって、それに伴って、自分の立場や給料もすごい高給取りになっていることだってある。

 

 

 

 

 

 

上で書いたように、NEOがまだ開業したてで、人件費が出したくても出せない。

 

 

 

 

それでも絶対成功させるから付いてきて欲しい!っと言っていたころ。

 

 

 

 

 

大抵の子は、『親が〜』って話で内定断りの電話がきました。

 

 

 

 

そんな中に、

 

『親も、お前が働きたいと思ったところなら頑張って見れば良い!』って言ってくれましたって子がいました。

 

 

 

 

 

その子は、今でもNEOのサロンで働いてくれていますけど、

 

 

 

今年も給料2万円昇給したし、

 

 

 

 

夏と冬にボーナスも出します。

 

 

 

 

 

エリアで一番給料を出しているって自信がありますけど、

 

 

 

 

それは、NEOを信じて、大切な子供の背中を押してNEOのサロンに送り出してくれた親御さんへの恩返しだと思っているし、

 

 

 

 

 

 

今、体制が整って安定してから面接にくる子は、

 

 

辛い時期を一緒に乗り越えてくれた子といきなり同じ待遇にすることは今後もまずないとNEOは思ってます。

 

 

 

 

 

どの業種でもそう。

 

 

 

 

 

小さな小さな無名のITベンチャーの創業メンバーで働き出した会社が、

 

 

 

どんどん会社が大きくなって、誰もが知っている大手企業の仲間入りをし、

 

 

 

 

 

それに伴って自分の立場も役職のある立場になっていたなんてよくきく話だし、

 

 

 

 

 

 

無名の小さなベンチャー企業の社食を作るコックさんになった人が、

 

 

 

 

 

当時、自分の両親からは、そんな会社は将来がないから早く辞めなさい!

 

 

 

 

 

そう言われた会社が、

 

 

 

 

今では誰もが知っているGoogleで、

 

 

 

 

 

当時同僚に言われて保有し、両親から散々騙されている!と言われた『株』で

 

 

 

 

億万長者になった人もいますしね。

 

 

 

 

 

たとえ両親であろうと、

 

 

 

 

大切なあなたに助言をしても、

 

 

 

 

 

あなたの人生を代わりに歩いてくれることはない。

 

 

 

 

あなたの人生はあなたしか歩けないし、あなたしかあなたの未来を変えることはできない。

 

 

 

 

 

だから、今目の前に定時された給料や福利厚生、

 

 

 

 

 

その店舗の規模や知名度、売上高など、

 

 

 

 

 

今ある表面的なモノサシだけで判断して、

 

 

 

 

 

両親や友達の『批判的な助言』で、自分の人生を決めてしまうのはもったいない!

 

 

 

 

 

周囲の意見に流されて選択した『道』がたとえイメージしていたものと違っても、

 

 

 

 

 

誰もあなたの人生の責任は取ってくれない。

 

 

 

 

 

だからこそ。

 

 

 

 

 

自分の人生だもの。

 

 

 

 

 

面接でたくさん質問して、

 

 

 

 

 

そこのオーナーさんや店長さんの『考え方』や『将来ビジョン』

 

 

 

 

 

そこに『共感し、一緒に働きたいと思えるのかどうか?』

 

 

『将来性があるのかどうか?』

 

 

 

 

 

今表面的には数字として現れていなくても、

 

 

 

将来性があるのかどうか、自分の目と耳でしっかり判断し、

 

 

 

 

 

自分の人生の選択をすると良いと思います。

 

 

 

 

 

条件が良いから良いと思うよ!

 

 

 

そう親や友達に背中を押されて働いてみたら、

 

 

店長さんやオーナーさんがどうしようもない性格の人だった、、、

 

 

 

 

 

安月給で過労で、理不尽、、、

 

 

 

 

 

そんなサロンに入ったら、トリマーとして長く働いていくという未来が見えなくなり、

 

 

 

 

 

トリマーという職業自体に疲れ、諦めてしまうかもしれない。

 

 

 

 

 

それとは逆に、今は小さな小さなサロンで、親や友達に猛反対された、、、

 

 

 

 

でも、

 

 

 

どんどん大きく発展していって、

 

 

 

 

毎日刺激ある、仕事が楽しいと心から思える職場に今後変わっていくサロンになるかもしれない。

 

 

 

 

 

親が言うように、すでに体制が整って安定したところに途中から入社できたとしても、

 

 

 

 

どんなに頑張っても、創業当初からの先輩と同じ好条件で働けることはないし、

 

 

 

 

上の立場になるにも限界がある。

 

 

 

 

 

最後に自分の人生の選択をするのは、あなた自身ですよ!

 

 

 

 

 

 

ペットサロンオーナーの中には、

 

 

 

自分のことしか考えない経営者もいますが、

 

 

 

 

 

それと同じくらい、全国にアツい思いを持ったパワーのある経営者さんがたくさんいます。

 

 

 

 

 

だから、まずは、とことん話してみてください。

 

 

 

 

本当の答えは、直接話してみなければわからないから。

 

 

親や友達の言いなりで、大切な決断をすることのないようにね!

 

 

 

 

来年4月入社の新卒トリマーも、2018年、心機一転、転職を考えているトリマーさんも、

 

 

 

 

 

自分の人生は自分だけのもの!

 

 

 

 

 

少しでも良い人生の参考になったらNEOも嬉しいです。