どうも〜トリミングサロンを中心にペットビジネスのコンサルタントをしている NEOですよ〜!

 

 

 

 

NEOのお気に入りの麻婆豆腐ウマウマです( ´艸`)

 

ごめんなさい。。。

 

 

 

我慢できずに、NEO、気づいたら写真撮る前に食べてました∑ヾ( ̄0 ̄;ノ笑。

 

 

 

 

 

そういえば、

 

アメブロの先日の記事に『いいね!』してくださった方ありがとうございます≧(´▽`)≦

 

 

 

 

NEOがアメブロをやっていた頃によく『いいね!』してくれてた方のアイコンの中に、、、

 

 

 

 

おやっ( ・∇・)!?

 

 

 

これは、、、

 

 

 

 

見たことがあるぞ♪( ´▽`)っというアイコンがいくつもあって、

 

 

 

 

なんだか懐かしくて、ブログに遊びに行かせてもらってコッソリ『いいね!』させてもらっちゃいました(/ω\)笑。

 

 

 

 

昔コンサルでお世話になった店舗さんからも『いいね!』が来てて〜

 

 

 

 

みんな頑張ってるみたいでNEOも大変嬉しく思います(*´艸`*)

 

 

 

 

みんな儲かってますかね:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

 

 

 

 

さて!久々の復活なので。

 

 

 

『トリミングサロンの経営者の心構え』について話そうかな。

 

 

 

 

突然ですけど!!

 

 

 

 

トリマーとして経験を積んで、

 

 

いざ独立を考えた時に、まずあなたなら何をしますか??

 

 

 

 

おそらく多くの人が本屋さんに行って『ペットサロン経営』とか書かれた本を読み漁るんじゃないかな。

 

 

 

 

 

または、「ペットサロン 開業 方法」とかでググッてるかな〜

 

 

 

 

 

最近だと、各トリミングスクールが『ペットビジネスコンサルタント』なる講座を提供してますしね(笑)

 

 

 

 

 

NEOに相談くる中にも、

 

よく『独立するまでにマーケティングなど経営』についての良い参考書などあったら教えてください!!

 

 

 

 

っという勉強熱心な方もいらっしゃいますしね。

 

 

 

 

 

みなさん勉強熱心だし、

 

きっと独立を考えている人の多くは、今働いている店舗でも

 

 

店長やリーダーを任されているような優秀なスタッフなのでしょう!

 

 

 

 

 

 

じゃあこれらを一生懸命勉強すれば、繁盛サロンが作れるのでしょうか?

 

 

 

 

 

学生生活が終わり、晴れて社会に出て、いっぱしの社会人になると、

 

 

 

 

色んなルール、規律の中で生活するようになりますよね。

 

 

 

 

ビジネスマナー。社会人の常識。TPOにあった〜とか。

 

 

 

 

そんな言葉で溢れるルールの世界で私たちは生きています。

 

 

 

 

大学を卒業して新卒として企業に勤めるのと同じように、

 

 

 

 

NEOたちがいるトリミング業界にだって、

 

 

 

 

トリミング業界の暗黙のルールや常識があります。

 

 

 

 

 

ただ普通の企業との大きな違いは、

 

 

そこの経営者の考え方が『ルール』であり『常識』を形成していますから、

 

 

 

 

転職したことのある人は、

 

前の店では『常識』だったことが『非常識』になることだって多々経験したんじゃないでしょうか?

 

 

 

『これはこうしちゃダメ!』

 

『こういうのはダメ!』

 

 

 

こんな言い方で、自分の作ったルール通りに行動できる人材を育成することが

 

『人材教育』と考えている経営者も多いですからね。

 

 

 

 

勤務先の経営者の考え方にそって、言われた通りの行動を、

 

 

経営者から指示される前に行動できることが『善』であり、

 

 

 

 

経営者の考えている通りの行動をできなければ『悪』となる。

 

 

 

 

 

だから、

 

 

 

 

仕事ができる!=一度言われたことを、指示される前に実行できる。

 

 

 

 

 

仕事ができない!=一度言われたことを、なんども繰り返し言われないと実行できない。

 

 

 

 

 

っという『モノサシ』で測るようになり、

 

またそのモノサシで人を評価するようになる。

 

 

 

 

 

だから、自ら考えてアイディアを想像したり、

 

新しいことを作る力がなくても、

 

 

 

 

ただ、同じ店舗に長く勤めて、

 

毎日頭を使うよりも体で覚えた日常業務を淡々とこなしているだけなのに、

 

 

 

 

いつのまにか周囲から『仕事ができる人』と思われるようになり、

 

自分自身も、私は仕事ができるんだ!と錯覚してしまう。

 

 

 

 

 

 

これだけ経験を積んできて、

 

トリミングサロンのことはもう全部わかったから独立したってきっとうまくいく!!

 

 

 

 

 

そう自信に満ち溢れて自分のサロンを作って独立する。

 

 

 

 

でも開業してみると、、、

 

 

 

 

全然お客様がきてくれない。。。

 

 

 

また来るね〜!っと言ってくれたのに、、、

 

 

 

 

お客様の来ては去ってを繰り返し、思うように売上が上がっていかない、、、

 

 

 

 

 

自分の無能さと、自信喪失により、数年で閉店の道を選ぶ。

 

 

 

 

 

ここで、閉店を迎えた経営者に何が欠けていたから失敗したのか?

 

 

 

 

 

あなたはわかりますか?

 

 

 

 

 

 

答えは、『従業員スキルと経営者スキルの混同と錯覚』です。

 

 

 

 

 

ルールや規律を守り、周囲に気を配って、人と足並みを揃え、

 

 

1度言われたことは、次回から言われる前に行動する!

 

 

 

 

これができる優等生なあなたは、雇用者として働く『組織』の中では

 

仕事ができる人!

 

 

 

 

 

ですが!!!

 

 

 

 

 

経営者としては、

 

仕事ができない人!です(゜д゜;)

 

 

 

 

経営者として長く自分のビジネスでご飯を食べていくためには、

 

優等生の真逆の行動ができないとダメだとNEOは考えています。

 

 

 

 

 

つまり。

 

 

 

 

どんぐりの背比べをしている環境の中で、

 

 

 

 

周囲なんて気にせず!自分が周囲の人よりずば抜けて抜きん出てやる!

 

 

 

今あるルールを無視して行動する!

 

 

 

そもそもその常識やルールって必要なの?と疑ってかかる!

 

 

 

 

 

そうやって行動していると、

 

ふとした時に天から、、、

 

 

 

新しいアイディアやひらめきが舞い降りて来るわけだし、

 

 

 

 

それが競合店と違った、自分のサロンだけの個性になっていく。

 

 

 

 

その突発した個性とお客様とのニーズがマッチした時に、

 

人が集まって来るとNEOは考えてます。

 

 

 

 

人と違った行動をすることって相当の勇気がいるし、

 

 

 

 

誰もやっていないことを初めてするのは、

 

何もデータのない状態だから、

 

その結果がどうなるかの予想もできないから誰しも不安になる。

 

 

 

 

 

でも、それができるから経営者として生き残っていけるんじゃないかな。

 

 

 

 

それなのに、

 

優等生のあなたは、気づいた時には、優等生思考が体に染み付いてしまっているから、

 

 

 

 

周囲の誰かがすでにやった結果を二番手で追いかけ、

 

 

 

 

『答えが1つだけ!』や『失敗しない正解が予想できること!』でないと不安になり、

 

 

 

 

 

人と違った行動をとることができず『ルール』が欲しくなるものです。

 

 

 

 

例えば、

 

 

『近隣サロンはこうだからこうしよう!』

 

 

 

 

『近隣料金はこのくらいが平均だからこのくらいにしよう!』

 

 

 

 

 

「トリミングサロンってこういうものだ!」

 

 

 

 

 

本来経営者はすべてが『自由』で、自分の好きなように決めることができるのに、

 

 

 

 

自ら『ルール』を求め、周囲と足並みを揃えないと不安になる。

 

 

 

 

ちょっと話はそれますが!!!

 

 

 

 

こないだ何かで見た、とある主婦の話です↓↓

 

 

 

友達の旦那が独立して〇〇を始めたけど、

 

 

初めは事業に失敗して夜逃げしなければいいけど〜と思っていたのに、

 

 

 

 

事業がうまく行って、ゆとりあるリッチな生活に急変した様をみて、

 

 

 

 

自分の旦那にも、友達の旦那が事業で成功したみたいだから、

 

あなたも同じ事業をやったら?

 

 

やり方も教えてもらえるしいいんじゃない?

 

 

 

っと持ちかけたそうです。

 

 

 

 

 

この話も同じですよね。

 

 

成功したという結果がわかったらすぐさま便乗するみたいなね(笑)

 

 

 

 

これでは、まず独立しても数年で挫折して

 

またどこかに勤めにいくようになるんだろうなってNEOは見てて思いました。

 

 

 

 

 

結局出来上がった店舗は、『周囲の店舗の真似ごと』であり、

 

 

突発した魅力もない平凡な店舗になってしまう。

 

 

 

 

これじゃあ誰も行ってみたい!とは思ってもらえませんよね。

 

 

 

 

 

もしあなたが、トリミングサロンの経営者として、

 

 

どこかで働いていた頃よりもちょっぴりリッチで、

 

 

 

末長く自分の事業でご飯が食べていけるようになりたい!

 

 

 

 

そう思うなら、

 

 

 

 

マーケティングやマネジメントの本で知識を一生懸命勉強するよりも、

 

 

 

 

 

まずは、体に染み付いた『モノサシ』から価値観を変えて、

 

 

 

 

自分でアイディアを創造できるようになる訓練をするといいと思いますよ(*´艸`*)

 

 

 

 

それともう一つ!

 

 

 

やっぱり周囲の真似ばかりしていたら、

 

 

いつまでたっても生活が楽になるだけ売り上げが上がっていくこともないです。

 

 

 

 

 

なんでもそう!

 

 

 

 

今目の前にある常識やルールって本当に正しいの??

 

 

 

 

まずは目の前の常識を疑うことから!

 

 

 

 

そこから新しいヒラメキが生まれて来るんじゃないかな。

 

 

 

 

NEOは、

 

 

本で知識を詰め込むよりも、

 

 

一生懸命競合店の情報を集めて分析するよりも、

 

 

 

 

はるかに使えるスキルだと思ってますよ( ´艸`)