東京3R 2歳未勝利戦はスローペースの展開


1番人気の愛馬ソルドラードはスタートで出遅れるも早めに先頭に立ち

直線粘り込みを謀りましたが



写真判定の結果、
M.デムーロ騎乗(2番人気)の馬にハナ差交わされ2着。

期待馬がまたも勝ち上がれませんでしたガーンダウン

悔しがるC.ルメール騎手



新潟8R 3歳以上500万下
愛馬グリニッチヴィレジは中団で折り合い


直線外からよく伸びて2着(5番人気)






新潟9R 3歳以上500万下

愛馬ブラゾンダムールは後方から進み


直線外から追い込んで2着(4番人気)




愛馬が3頭続けて2着


そして、9/9中山で2歳新馬デビュー勝ちを決めた愛馬ガルヴィハーラの2戦目



東京9Rのプラタナス賞(2歳500万下・D1600m)は2番人気ガルヴィハーラ(C.ルメール騎手)が勝利した。



勝ちタイムは1分38秒1(良)。



1馬身1/4差の2着に3番人気リープリングスター、さらにハナ差の3着に5番人気ラインカリーナが入った。

ガルヴィハーラは美浦・萩原清厩舎の2歳牡馬で、父ゴールドアリュール、母ポロンナルワ(母の父Rahy)。

通算成績は2戦2勝。

レース後のコメント
1着 ガルヴィハーラ (C.ルメール騎手)
「トビの小さい馬ですが走りますね。4コーナーの手応えはあまりよくなかったのですが、いい瞬発力を見せてくれました」

[記事は以上です。Source by (c)ラジオNIKKEI ]



C.ルメール騎手は、1番人気で5着M.デムーロ騎手にやり返しましたね。

生産者はノーザンファーム

キャロットクラブ所属で、これからダート戦線でかなりの出世を期待しています。

この勝利で2018年の愛馬、節目の 50 勝となりましたニコニコアップアップ




さらに、京都12R 3歳以上1000万下 D1,400mに出走した愛馬セネッティは、道中は後方の内を進んでいましたが、



直線馬群を割って鋭く伸び



1着でゴール!!




7番人気で高配当を演出



松山弘平騎手ナイスプレイ

父*ワークフォース
母タッチザピーク
生産者 社台ファーム


グリーンファームの愛馬、久々の勝利です。

この勝利が2018年の愛馬、51勝目となりましたニコニコアップアップ



明日の愛馬にも大いに期待しています。