人生いろいろ 楽ありゃ苦もあるさ -2ページ目

人生いろいろ 楽ありゃ苦もあるさ

人生いろいろあったなぁ。このブログを始めたころはダイエットに成功し、ヘルシーなレストランを立ち上げた。が、いろいろあって閉店しました。また、いろいろな情報を紹介もしていきますので今後もよろしくです。

ご無沙汰しております。

燃焼系ダイニングごりぽん 松岡です。


31日のニュースでいよいよ県女性寿命首位陥落が伝えられました。男性も半分以下の30位です。今後はさらに悪化することも予想されています。

新聞やニュースなどでは沖縄県での肥満率の高さや夜型生活などによる生活習慣病などが原因に挙げられています。そういった生活習慣病などももともとは食事が原因。

というわけで、今回のごりぽん通信では特に脂分についてお話しようかなと思います。


油は大きく分けて2種類に分類することができます。

 飽和脂肪酸:畜産系の脂(牛・豚・鶏など)に多く含まれる

 不飽和脂肪酸:植物性油脂(オリーブオイル・ナッツ類)、魚油に多く含まれる


どちらの脂も人が生きていくうえで必須な油脂です。ただし、現在の食生活では飽和脂肪酸を過剰に採りがちになってしまい生活習慣病の原因になっています。

ですから、お魚やオリーブオイルなど、不飽和脂肪酸が多く含まれる食材を意識的に採る必要があるといえます。


さて、今回のごりぽん通信では、上記とは別に、悪い油について多くお話ししたいと思います。


上記で上げた油脂は生きていくうえで必須な油脂ですのでバランスよく取る必要があります。ところが、決して取らないほうが良い油もあります。

それは、トランス脂肪酸と酸化された油の2種類です。

Ⅰトランス脂肪酸

人工的に作られた油で、欧米ではトランス脂肪酸の含有量の表示義務がありますが日本では表示義務がありません。

トランス脂肪酸は悪玉コレステロールを増加し、善玉コレステロールを減少させるという、自然界では有り得ないことが引き起こされます。

コレステロールは細胞膜の構成成分、性ホルモン、副腎皮質ホルモン、胆汁酸、ビタミンD前駆体の原料として重要な物質で、通称悪玉コレステロールと呼ばれているLDLはコレステロールを肝臓から体の各組織に運び、通称善玉コレステロールと呼ばれているHDLは体の各組織から肝臓へコレステロールをもどします。また、HDLは血管をきれいに掃除します。LDLが多くてHDLが少ないと動脈硬化などの生活習慣病を引き起こすので、トランス脂肪酸は人間にとって毒ともいえる存在なのです。

トランス脂肪酸→業務用揚げ油、ショートニング、マーガリン、コーヒー用ミルクなど

ちなみにごりぽんで使用しているコーヒー用ミルクにはトランス脂肪酸が含まれていないことをキーコーヒー様に確認済みですのでご安心ください。


Ⅱ 酸化された油

脂は熱するとどんどん酸化していきます。酸化された油は動脈硬化を加速させ、こちらも生活習慣病を引き起こすリスクが高まります。もちろんダイエットにも大敵です。

したがって、飲食店で食べる揚げ物は酸化された油であることが多いため外食時の揚げ物は注意が必要です。ビタミンCが多く含まれるサラダや揚げ物についてきているレモンをきっちり取ることである程度は解消されます。

ちなみにごりぽんでは唐揚げなどの揚げ物はすべてオーブンで仕上げており、しかも水で焼くオーブンなので酸化もほとんどされませんのでご安心ください。


沖縄は日本で1番人口に対して飲食店が多く、また道路などで売っている安いお弁当などには揚げ物が多いです。つまり、日本で最も揚げ物を取っている可能性が高く、これも沖縄県が長寿国から転落した一つの要因になっていると思われます。

皆様もこれからは上記の2つの油脂をなるべく取らないようにお気を付けください┏○ペコ


それでは次回のごりぽん通信をお楽しみにвуe (o・´_`・o)ノシ вуe