近況の報告 | 燃素商會活動錄

燃素商會活動錄

STARLINGSILVER & BRASS
ACCESSORIES PHLOGISTON


テーマ:

すっかり専業主夫となっている黒ノ巣ですこんばんは。

 

ご報告がまったく出来ずに申し訳御座いませんでした。

治療の経過ですが、結局左手は完治には至らず、局所疼痛とは一生のお付き合いとなりそうですが、暗い材料ばかりではなく、盆明けの今月末くらいまでに相手保険会社との示談がようやく成立しそうです。

 

慰謝料が無事振り込まれたら、ペインクリニックという痛みを除去する専門の医院を探して受診しようと考えております。

 

左手に関しては

・手首、指の関節に慢性の捻挫のような痛み。

・肘関節を大きく曲げようとすると間接周囲に鈍い痛み。

・痛みの影響で握力が著しく低下。

 

こんな感じですので、左手は痛みさえなければなんとかなるんじゃないかと。

 

ただ、二ヶ月程前から今度は右腕全体が痺れて痛む症状が出てまして。こちらは首を上に向けると肩甲骨の辺りが激しく痛み、同時に電気が走ったように右手の先まで全部が痺れて動かないという症状。

これは現在ノイロトロピンという神経の薬を週二回くらい定期的に点滴しつつ、リリカという神経の薬も併用して飲んでいるのでだいぶ痛みは引いてきてます。

 

あとは慢性の膝痛に悩んでいた左膝がいよいよダメっぽくてこちらもついでにリハビリを開始。

 

とまあ、無事なのは右足だけだという完全にポンコツ状態ではありますが、なんとか家事程度はこなせるようになったので、7月から派遣事務に転職してくれた妻氏に代わり現在絶賛主夫状態でございます。

 

妻氏の新しい職場はそれなりに忙しい事務ではありますが、通勤時間半分、自給は深夜の飲食以上(8時間フルタイムで大台にのる感じ)で、もちろん残業代は25%増し、水曜日はノー残業デー、先日の台風5号では全社員に15時退社を命ぜられるも会社都合ということでフルタイムの賃金支給、なおかつ日ごろの感謝という名目で派遣含む全社員に食堂の食券1万円分支給とか、漂白剤の原液ぶっかけてもこんなに白くならないんじゃないかってくらいの超ホワイト企業だったりするので、むしろ拙者も働きたいでござる…という所。お仕事復帰まで苦労をかけますが、ここなら本当に安心できます。

 

 

とりあえず、そんな状況ですので、今年の冬コミも申し込みは、踊る子馬低のTAK!氏と、妻とここと相談し全員見合わせることになりました。(とはいえ次回の夏はたぶんオリンピックでやらない可能性が高いので次回参加は未定)

 

もしかしたら製作リハビリの方の経過が良好で何か作ることが出来たら小さな地方イベントに参加するかもしれません!

 

というわけで、なんとか生きてますよ。

というご報告でした。

黒ノ巣さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス