テーマ:

 日産「ブルーバードシルフィ」に試乗してきたことを忘れないうちに覚え書きを。

 車友達のZ氏と試乗。

 ディーラーはいつもの得意先日産P神奈川N店


 この車、積極的に試乗するつもりはなかった。

 Z氏の父上が3月に新車購入するかもということで、試乗に便乗。


 エクステリアは個々人好みがあるのでとやかく言うつもりはない。

 ただ曲線を多用していて、直線基調が主だった昔の日産のデザインとえらく違う。

 角を取ってはいるが、3ボックスを変にくずしてない。

 度肝を抜くデザインではなく、嫌みを感じさせない。

 それでいて斜め後方からテールランプやデッキのあたりを見ると、結構日本車離れして見え大胆なところもある。

 ようやくルノーとの提携の効果が出てきたかと思わせる。


 インテリアは…、多くを語る前にZ氏の的を射た一言が全てを物語っているだろう。

 「トヨタ車みたいになってきましたね…。

 

 私はインパネのデザイン等には全く興味はない。

 ただスイッチ類の操作がしやすく、運転に専念できるものならなんでもいいと思っている。

 その点は悪くはない

 ただ年配の女性に受けそうな工夫はしているなと思う。

 例えばスーパーマルチコンソール。

 ハンドバックが丸々入るあの空間。

 あそこまで工夫した車って今のセダンではないのではないか?

 全体的に丸みを帯びさせて、親しみやすくしたインパネもまさに女性受けをねらっていると思う。

 確かにかつてのスポ根丸出しの日産のデザインに比べれば、変わってきていると思う。


 外見は女性向けなので我々男性はちょっと辟易してしまうが、さにあらず、中身はしっかりつまっている

 

 まずシート

 見た感じ、頼りなさそうに見えるが、これが我々の期待を大いに裏切ってくれた。

 すっげ~、座り心地良し(◎-◎)!

 ホールド性もばっちり!

 悔しいが、「白鳥号」よりも良かった(T.T)。

 フランス車等と比べると、まだまだかもしれないが、ふわっとした感じで包み込んでくれる感じ

 それでいてがっちりサポートする。

 

 リアシートもいい

 しょぼいおまけのようなヘッドレスト、多分後方視界の邪魔にならないための配慮だろうけど。

 しかしショルダーまで包んでくれるリアシートの出来のため、十分許せる。

 管見では、このシートに匹敵できるのは、マツダ・アテンザ、アクセラぐらい。

 ルノーとの提携効果がここでも開花したと思う。

 シートの良さで、この車を買っても損はないだろう。


 居住空間もまたよし

 5ナンバーなのに、実際かなり広い

 リアはアシも余裕で組める

 

 見切りは、ボンネットが見えるものの、ちょっと悪い

 ヘッドライトの上端をとがらせてマーカーの役割をしているが、シートをどう調節しても左側の出っ張りが見えない

 助手席からも右側の出っ張りが見えにくい

 Z氏ともども、「あの出っ張りの意味は何?」という疑問を持った。

 

 後方視界は昨今定番のハイデッキ化のため、リアガラスも傾斜しまくっているからやや悪い

 しかし全く見えないというわけではない。

 6ライツのため、開放感がある。

 

 で、走ってみる。

 CVTだから、MTと比較すると、ワンテンポ遅れているような感じを受ける。

 が、すぐに慣れた。

 2時間走らせたが、可もなく不可もない

 つまりフツウ

 特に感動するところもなければ、ダメだこりゃと思うところもない

 勘違いしてもらいたくないのは、ハンドリングが全く面白くないということではない。

 むしろ意のままに走る

 素人だからこんな感想しか言えない。

 でもよく考えてみると、これはすごいことではないか。

 良くも悪くもないということは、まともに動くということでもある


 私事だが、私は買い換えたい車があると、カレスト座間へ行って「ルノー・メガーヌ」に試乗する。

 この車、とにかくフツウに走る

 フツウに走るから、全然疲れない

 試乗した後、どんなハンドリングだったか忘れてしまうほどフツウなのである。

 しかし買い換えたいと思う気持ちは確実に無くなる。

 フツウに運転できるから、気持ちいいのである


 車を運転していて「フツウ」ということは、カタツムリドライブを実践して以来、私にとってものすごく重要なキーワードになってきた。

 別の機会に述べたい。


 この車は、それに近い。

 ハンドリングに関しても、男女の区別なく受け入れられると思う

 ただ惜しむらくは、もう少しアシをしゃっきりさせたほうがいい

 速度を上げるとちょっと腰砕けになるところが惜しい。

 ゆったりと走ることを第一に考えた車だから余計なお世話かもしれないが。

 こんなこと言ったらなんだが、ルノーと提携しているのだから、お試しでアシのチューニングもしてもらったらどうだろう

 「メガーヌ」のセダン版になれそうな感じがする。


 ただ、どうしてもいただけないのが、CVT

 試乗車にはメーカーオプションのナビがついて、瞬間燃費等が計測できる。

 それを使って一所懸命燃費をよくしようとしても難しすぎる…(¨;)。

 とにかくアクセルワークに気を遣う。

 信号待ちでちょっと踏み込むと、瞬間燃費はリッター4~5㌔になる。

 タコメーターを1500回転以下に抑えて、やっと7~8ぐらい

 早い話、高燃費をたたき出すには、アクセルを踏まないければいい

 するとリッター30㌔を表示する。

 でもちょっとでもアクセルを踏み込むと、瞬く間に4~7㌔くらいになる。

 Z氏ともどもなんとか総合燃費を8㌔台にしようと思ったが、徒労に終わった(__;)

 これなら、4速ATのほうがまだ燃費がいいのではないか。

 ただ高速での燃費は非常にいい

 CVTはカタツムリドライブの難敵であることが改めてわかった。 


 燃費がやや悪いのは、車重が重いことにも起因しているのではないか。

 排気量は異なるが、ティーダもラティオも代車でさんざん乗りまくった。

 アクセルを踏むと軽快そのもの。燃費的にも非常に良かった。

 やはり重さというのは燃費にかなり関わるようだ。

 10・15モードを信じない根拠でもある。

 

 ともあれ、総合的に見るとフツウ

 どちらかというと、良い車の部類に入ると思う

 レンタカーでちょっと贅沢したい時には、是非借りてみたい。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

本家本元さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。