マレーシアの床は、とても硬くて冷たいので、
かかとケアは必須。マレーシアに限らず日本でももちろん大事なケアだと思うけれど、

こちらに来てからはとくに念入りにやらないと、毎日ほぼ外に出るときは裸足にサンダルだし、
じー…っと見られることはないにしろ、タクシーに一緒に乗ったりお出かけしたりで
ふと足元が見えることがあるし、
足の裏に限らず側面、爪、色々気になります。


おうちでは出来るだけ靴下やスリッパを履いているものの、やっぱりふと裸足になってる時間は長いと思うので、
毎晩必ず何かしら塗って寝るのが日課です。

でも、一日中お出かけしてたくさん歩いた日や、やたら足の裏が乾燥する日、手入れをサボった日など、
どうしても残念なかかとになってしまった時は、いつもよりちょっとだけ念入りなケアをします。

乾燥しているかかとに、いくらオイルやクリームを塗っても、シワにはさまるだけで
浸透してくれないので、まずは皮膚をほぐすことから。

それにすっごく役立ってくれているのが、
グリセリンカリ液(ベルツ水)


なんとも可愛くない、お薬感溢れるパッケージなのですが、
とっても優秀で、角質を柔らかくしてくれるので、まずはこれをコットンにとり、
優しく足の裏をふきふき。



どんどん、硬く乾燥した足の裏が
やわらいでいきます。
その後、保湿クリームを。

私は日本でもお気に入りだったアセチロール。

アセチロールは皮膚科で出してもらえて、
しかも激安。マレーシアにいくから、と先生にたくさん出してもらって持ってきたものを使っています。効果てきめんです。


でもグリセリンカリ液でほぐしたあとなら、どんな保湿剤でも効果があるのではないかなぁ。
すごく浸透しやすくなるので。

オイルなら、ホホバオイルを塗ります。
ナチュラルオーケストラのホホバオイル、上質で使いやすいです。




しっかり塗り込んだら、


ついでに爪のキューティクルオイルを塗ったりして
 
靴下をはいてしっかり保湿剤を浸透させます。
寝る前にやって靴下はいたまま寝ると
朝起きたらかかとはツルッツルラブ 
夜じゃなくで昼間ケアして数時間靴下はいてるだけでもきれいなかかとになります。


可愛くない靴下ですみません。。
ボディーヒンツの冷えとり靴下(チャコール)です。


肌着やレッグウォーマーがとてもよかったので
春の一時帰国の時に
靴下や2個目のレッグウォーマー、肌着も
買い足して来ました。



日本から持ってきたケンエーの グリセリンカリ液500mlがもう無くなりそうなので
マレーシアで買いたいのですが、
どこにいっても見つからず、、、、
薬局の人に聞いても、ポカーンなので、
夏の一時帰国で購入かな〜
私の聞き方や探し方が悪いのかな〜

グリセリンカリ液、ひざとかの黒ずみにも
いいようで、ひざ、ひじも時々ふきふきしています。

私はアルコールを受け付けない体なので
お酒は飲めないし、注射の時にもうっかり言い忘れると拭かれたところが真っ赤に。
まぁ、真っ赤になるだけなので別にいいのですが、

敏感肌でアルコールの入った化粧品などは基本使えません。でも敏感じゃないところ、
かかとや、ひじ、ひざなど
比較的丈夫な場所だからか、
エタノールが入っていますがグリセリンカリ液は大丈夫でした。

もし、なかなか治らないかかとの乾燥をお持ちの方はお試しあれ〜ウインク