言片
Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2013-03-10 03:32:07

大切で忘れがちなこと。

テーマ:ブログ

綺麗な夢を見ました。
私は夢は白黒で見えるのが主だけれど、珍しく色つきの夢でした。

その話を親友にすると、ちゃんと聞いてくれた上、
「描きなよ」
と彼女は言いました。

他にも色々話をしました。
幼少期の死生観と望みを、彼女に話すことで思い出しました。

彼女の帰ったあと、久々に絵を描きました。
夢のイメージは描けなかったけれど、なにがしかの線は一応描けました。

私は9歳のとき、自分が死んだ後に何か残したいと望みました。それは出来れば、自分の手で作った何かにしたい、と望みました。

絵を描ける手と、画材と、場所と、時間がある。
さらには、「描きなよ」と言ってくれる人がいる。描いたものを見てくれる人がいる。

死ぬまでの残り時間は判りませんし、創作の腕はまだまだ磨かないとなりませんが、
それを除けば現状は、とても満ち足りています。

なによりまず、今夜の親友の一言に、ありがとう。
そして、その一言を吸い込める、こういう私に育てあげてくれた、
過去に出会った総ての人に、ありがとう。

私は、幸せです。
2012-09-23 19:42:51

嫌悪。

テーマ:ブログ
特定の人物に対して、
出来れば顔を合わせたくない。
というか顔を見たくない。
声を聞くのも正直嫌。
と、感じること。

こういうことがとてもとても久しぶりであることに気が付きました。
かれこれ10年ぶりです。
あまりよく知らない相手には、案外強い嫌悪は感じないものです。
それなりに知っている、共有の時間を過ごしてきた相手であるほど、ひとたび嫌悪すると強烈なもののようです。

過去の共有時間を思い出すと、今の関係や嫌悪感を抱く自分自身を、哀しいと思ってしまいます。
けれども私は考え方を変えました。
限りある人生、終了までの長い長いカウントダウンを、どう生きるか。過ごすか。
自分のため、自分が愛するものや人のため、時間を使いたいと思います。
無駄にできる時間など、1秒たりとも無いんです。

だから今はさようなら、可愛い妹。
2012-09-19 23:39:55

別れと懺悔。

テーマ:ブログ

時々ご飯の回数少なくてごめんなさい。

水替えのとき乱雑でごめんなさい。

話しかけるときと放置のときと差が激しくてごめんなさい。


餌が合わなかったのかな。

水が合わなかったのかな。

部屋の温度かな。

すべてを管理していた私が悪いことだけは明白。


昨晩見たときは、頭が少し色あせていたけれど、餌はしっかり食べていて。

病気かしら、と気にはしたけれど、翌朝お店で薬を見よう、くらいに思っていて。


その翌朝、つまり今朝。

あなたは動かなくなっていた。

あんなに綺麗な深い青色だった身体が、頭から背中の真ん中まで、くすんだ灰色になって。

エラなんて真っ赤に腫れて。

どんなに痛かっただろう。

どんなに苦しかっただろう。


ごめんなさい。ごめんなさい。


仕事で心が追い詰められて、ふと死んでしまおうかと思った日々に、

「何か生き物を飼おう」と思ったのが、きっかけでした。

魚を、と考え、金魚を、と思って訪れたお店で、あなたの美しい青に出会いました。


自転車で夜道を走りながら、途中で自動車の前に飛び出したくなったとき、

帰ってあなたに餌をやらなくては、と思い、踏みとどまったことも数回ある。


あなたは私を生かしてくれた。

私はあなたを死なせてしまった。


きっと寿命はまだまだあった。

綺麗で気が強くても、か弱い命だった。


ごめんなさい。

ごめんなさい。


あなたの身体は残しません。

鉢に埋めようかとも思ったけれど、その鉢植えだって、枯らさないとは限らない。

あなたへの感謝と懺悔は、束の間、右耳の11番目の穴として。


せめて記憶は、大切にします。


ごめんなさい。



……生まれて初めて自分で買った生き物、ベタの死去に寄せて……





1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ