初日舞台挨拶のレポートアップ! | 映画とドラマ「猫侍」オフィシャルブログ

映画とドラマ「猫侍」オフィシャルブログ

スペシャルドラマ「猫侍 玉之丞 江戸へ行く」2016年2月放送決定!劇場版『猫侍 南の島へ行く』Blu-ray&DVD好評発売中!


テーマ:
1日限りのネコデミ―賞授賞式を開催!
北村一輝、猫に夢中で2人(匹)の世界に!!


  
初日舞台挨拶
<左から 蓮佛美沙子さん、北村一輝さん、戸次重幸さん、山口義高監督>


コワモテの剣豪×猫×癒しの異色コラボで人気沸騰中の「猫侍」が、ついに公開初日を迎えました。東京・シネマート新宿では、北村一輝さん、蓮佛美沙子さん、戸次重幸さん、山口義高監督による舞台挨拶が行われました。



【舞台挨拶】
北村一輝さん(斑目久太郎役)
こんなにたくさんの人に観て頂けて本当にうれしいです!この瞬間をずっと待っていて、皆さんの反応を見るのが楽しみでした。「ふざけるな」って言われるのか「面白かった」って言われるのかどっちかなと思って(笑)僕たちはふざけて撮っていたので!冗談ですが(笑)
今日はどうもありがとうございます。

MC:皆さんドラマ版を見ていた人は手を挙げて頂けますか?(会場ほとんど挙手)

北村さん:
嘘ですか?本当ですか?僕は見ていないので。嘘です、嘘です(笑)。
普段映画を観ることのない方がたくさんいると思うんですね。観るような映画がないおじいちゃん、おばあちゃんの方とか、家族一緒に観れるような作品がないとか、そういう方にどうしたら観て頂けるかなと考えながら作った作品です。時代劇という設定のハードルがあったので、どうせれば観やすくなるかを考えて、どんどんハードルを下げて行ったら、下がりすぎてしまって(笑)。取り返しがつかなくなってきて、監督に「行くところまで行きましょう!」と言われてなぜか歌まで歌わされました(笑)。ただこういう作品はノリだけでは作れないので、撮影中は何度も話し合って作りましたね。


MC:立ち回りのシーンが激しくて、懐にいる玉之丞が大丈夫かハラハラしましたが。

北村さん:

周りの方が心配していたのですが、僕が一人で練習している時も玉之丞は寝てしまうぐらいで、僕自身は安心していました。腰を動かさないようにして、上下に振動がないように努力しました。
もう1度観たらよく分かると思います。

あと、ウィンクのシーンがあるのですが、あれはCGではないんですよ。僕の鼻息があたって出来た奇跡のシーンで、アフレコで「萌え~~~!」と収録する時に、事前に監督に「本当にやるんですか?」と何度も聞き直しました。監督の一番の暴走でしたね(笑)。


蓮佛美沙子さん(お梅役)
(蓮佛さんは登場時に靴を履き忘れて出てくるのが遅れるハプニングが起き)遅くなってごめんなさい!まだドキドキしています。猫と一緒にほのぼのと楽しんで撮った映画ですので、そのハッピーな雰囲気が伝わればいいなと思います。



戸次重幸さん(米沢三郎太役)
僕はつっこみ役というか、きっちりしていたのでそんなに監督の暴走は…あ、ありましたね(笑)!久太郎の屋敷に乗り込んで行くシーンで、蓮佛さんが玉之丞を抱えているのですが、足音をドタドタやると猫が「フギャー」と怖がってしまうので、猫を驚かせないような歩き方でいくとなるとこんな感じ(忍び足のアクション)になってしまって。それなのに「おいっ!!」と啖呵を切りながら勢いよく乗り込んできてくれと監督から言われました。大変でした。

監督:
現場はそんなことの連続でしたね(笑)

北村さん:
そこを確認したければもう一回観てみたらいいね!

MC:舞台挨拶でこんな楽しい裏話を聞いたらもう一度観たくなります。個性的な皆さんとの共演はいかがでしたか?

蓮佛さん:
北村さんが気さくに現場を盛り上げてくれました。途中参加で少し緊張しましたが、北村さんが「こっちへおいでよ」とか、「どこ出身なの」とか、親戚のおじちゃんみたいに気さくに話しかけてくれて凄く楽しい現場でした。

監督:
憧れの北村さんと共演出来て光栄でした!本当に、皆で作り上げた作品だと言えます。



MC:
さて、ここから私は映画評論家・襟川クロとしてお送りしたいと思います。月曜日にアカデミー賞の発表がありますが、それにちなみまして、ここでは「ネコデミ―賞」の授賞式をしたいと思います。もう1の主演、玉之丞様にご登場頂きましょう。

(玉之丞、ティアラを被って登場、玉之丞に向かって)今のお気持ちは?


北村さん:

それは無理でしょう(笑)。玉之丞役のあなごです。ネコデミ―賞っていったい何ですか?

MC:はい、他のノミネートは同日公開の『魔女の宅急便』のジジちゃんとか、『映画ドラえもん 新・のび太の大魔境 ペコと5人の探検隊』のドラえもんなのですが、日本を代表する2大スター猫に負けないくらい素晴らしい演技だったので授与させて頂きました!この名演は日本の歴史に残りますよね、北村さん。

北村さん:
あ、すみません、猫をずっと見ていてあんまり聞いていませんでした(笑)。

■北村さんの腕の中ですっかり満足した様子の玉之丞。2人のまるでカップルの様な佇まいに会場は一層の盛り上がりを見せました!

 

★映画公式サイトはこちら★

映画とドラマ「猫侍」さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス