愛護センターに持ち込まれ、命の期限がついていた猫たち。
命が繋がり、優しいご家族と幸せに暮らしていますニコニコ
里親さまから頂いたお写真を紹介させて頂きますラブ


ゆきちゃんです

可愛いお写真有り難うございます。

保健所にいた時のゆきちゃんです。

大きくなって、とても可愛いくなりましたねラブラブ
ゆきちゃんは、1ヶ月以上、保健所にいました。
可愛いのに、縁遠いことを心配していましたが、待った甲斐がありました!!
T さま有り難うございます。





セロちゃんです
飼い主の手により保健所に持ち込まれましたえーん
里親さまがお仕事でお留守になる昼間も、おばあちゃんがいて下さるので寂しくありません爆笑
セロちゃんはとても甘えん坊さんで寂しがりだったので、本当にいいご家族さまに迎えて頂きましたラブラブ
おばあちゃんのベッドで一緒に寝るそうです
セロちゃん、良かったねキラキラ

保健所にいた時のセロちゃん

セロちゃん、これからもずっと幸せにねハート





ネギちゃん

3匹兄妹で愛護センターに持ち込まれ、先日里親募集していたうちの1匹です。

一番右がネギちゃん。
あとの2匹もそれぞれ里親さまが決まったそうです。
一番左のスモークくんは里親さまに引き取られて行ったそうですウインク
サビのまなちゃんは希望者さんがおられ、決まりそうだと聞いています爆笑

ネギちゃんの里親さまは奈良にお住まいです。
奈良から尼崎の愛護センターまで、この子に会いに来て下さいましたラブ
後日、久しぶりの奈良です
平城宮近くの里親さまのお家までお届けに行きました。
帰りに奈良公園に行こうかと思いましたが、カンカン照りの暑さで断念して帰りました車ギザギザ
奈良や京都はやっぱりいいですね照れ



2年前に愛護センターからこげ茶の女の子の里親になってくださったKさまからお写真が届きましたピンクハート
チョコちゃんですラブ
お引っ越しされて、新しいお家に変わったとご連絡下さいました。
チョコちゃんはあまり人馴れしていなくて、心配していましたが、Kさまが気長に接して下さり、今は馴れ馴れになったようですイエローハート
チョコちゃん、良かったねラブ



昨年、愛護センターに収容されていた黒猫のヤマトくんです黒猫
ヤマトくんの里親さまのIさまもお引っ越しされて、新しいご住所をお知らせ下さいました。
お家も広くなったようで、いっぱい遊べるから良かったねブルーハート




2年前に愛護センターに収容されていた大人猫のロンくんです。
ロンくんのあとに、黒猫の女の子が来たそうで、スッカリお兄ちゃんになったロンくん。
里親さまのIさまは、猫を飼うために、新築のお家に、にゃんこ用のお部屋を用意して下さっていました。
ロンくんは、とっても優しい大人しい子です。
優しいご家族に迎えて頂いて、毎日幸せだねブルーハート


西宮のYさまからも可愛いお写真が届きました。

ロシアンブルーのロジャくんは、保健所収容された当初はガリガリで生きていけるか心配しましたが、Yさまご家族の優しさに包まれて、こんなに立派になりました爆笑
そして、今年の春も愛護センターにいた2匹の兄妹を引き取りして下さいました。
本当の兄妹のように、3匹仲良く暮らしているそうですイエローハート
みんな幸せにねハート




生粋ののらちゃんだったしずくちゃん。
愛護センターの方でも、譲渡対象から外されていたしずくちゃんえーん
それでもこの子を引き取りたいと切望されたKさまご家族びっくり
ご家族皆様が気長に暖かく見守って下さったお陰で、今はこんなになりました爆笑





保健所にいた時のしずくちゃん。
目付きが全然違いますねタラー

しずくちゃん、良かったねラブ
幸せにねピンクハート






幸ちゃんです

福ちゃんです

幸ちゃんと福ちゃんで幸福ですウインク
お届けに行ったとき、高齢の里親さまのお母様がとても喜ばれました。
里親さまはお母様とお二人暮らしです。
昼間は里親さまはお仕事なので、お母様とお留守番です。

「ほら、ご飯食べてごらん。お水ここ置いてるで」

そう言って、嬉しそうにされていたお母様がその数ヵ月後、突然亡くなられたそうです。
里親さまのKさまは一人になられましたが、
「この子らがいるから、毎日楽しく暮らせます、可愛い子たちを頂けて、とても嬉しいです」

そう言って下さいました。

幸ちゃん、福ちゃんは飼い主の手により保健所に持ち込まれた姉妹です。
糸がいっぱい出たボロボロの首輪を着けたまま持ち込まれていましたえーん
処分目的で保健所に連れて来られた子たちですが、今はKさまにとっては、かけがえのない存在ですキラキラ
幸ちゃん、福ちゃん、幸せにねハート





保健所から猫を引き取りして下さいました里親さま、有り難うございます。

遠くから会いに来て下さる方。
「見なくてもその子に決めたから連れて来てもらっていいです、何があってもうちの子にしますから。」
そう言って下さいました方もおられます。
保健所から迎えようと思って下さる方々の優しさ、心の広さに感激する事が多々あります。

新幹線代も全て持つから、と遠くから尼崎の保健所にいる兄弟猫の引き取りを希望して下さったご家族がおられ、新幹線でお届けに行った事もあります。

保健所収容猫の里親になって下さいました皆様、有り難うございますニコニコ








AD