暑い日が続きますね。

お客様に暑い時期にお勧めしたいワインがありましてね、

いつも、なるべくきちんと自分の言葉でワインを表現したいと思っておりまして

今日はこんなワインをテイスティングしました。

 

 

ミューレ アルザス リースリング カルケール・ジョーヌ 2018

 

夏におすすめなんですよ~。

 

麦藁色の混じった淡い黄色をしています。

香りの立ち方は強くもなく弱くもなく普通ですがとても気持ちのよい香りです、

清涼感があるんですね、香りが心地よくすーっと上がってきます。

黄色いグレープフルーツの中にアスパラガスを思わせる要素やミネラル

果実の香りの向こうに鉱物が感じられるのです、

グラスを回すとシトラスを思わせる香りがありました。

 

味わってみると、口に含んで一呼吸、

生き生きとしたフレッシュで元気のよい酸味が広がります、

舌の両端をぐっと刺激する酸です。

おーおー、リースリングを飲んでいるぞ、と意識させられる主張のある酸味であります。

果実味は上品ですが豊かです、キラキラとした印象。

 

食欲を刺激してくるような味わいと美味しさがあります。

午後4時半にテイスティングしていますが早くもお腹がなりました。

 

ワインの向こうに思い浮かぶのは冷奴♪

通常の冷奴ではありません、少しいいお豆腐を用意します。

こちらに塩昆布をのせて、太白ごま油をかけます。

これがとても美味しいのです、日本人でよかったと思わせてくれますよ。

ここで注意、胡麻油は普通のものではなく太白胡麻油でお願いします、

普通の胡麻油ですと香りが強すぎてお豆腐の香りと味わいが負けます、

ワインとの相性もこの場合よくありません。

 

わたしのごひいきのお豆腐は

五右衛門豆腐さんの石臼豆腐、外側が木綿で中が絹なんです

出来上がるのに10年かかったという噂の逸品!

 

ワインよりお豆腐の話になってしまいました 爆  笑爆  笑爆  笑

 

 

 

 

ご紹介しているワインの詳細は
ホームページ「konishi1924」をご覧くださいませ、購入もできますよ。

https://konishi1924.com/?pid=162163358

 

konishi1924
1924年、それは関東大震災のよく年のこと…。
初代が東京都中野区に新井の小西として「小西酒店」を創業しました。
2002年、店舗を改装し、ワインバー"La Branche”を併設しました。
2019年、ビルの建て替え工事のため実店舗は休業、
現在は「konishi1924.com」にてヴィンテージワイン販売中です!
 
メールマガジン「徒然なるままにワイン」
季節に咲く花、行事、旬の食材をテーマに豆知識も添えて
猫のワイン屋さんの店長・宮島宏枝がおすすめしたいワインを選び紹介しています。
素朴でアナログ、日々の忙しい流れの中で気づいたこともちらほらと…。
こちらから↓ご登録ください、ぜひぜひお待ちしております。
https://konishi1924.shop-pro.jp/secure/?mode=mailmaga&shop_id=PA01437140