日本一早い?TIME ALPE D’HUEZの試乗会に行ってきた! 【1】 | 大和川の直線にさ・・・大猫が出るってウワサ、知ってるかい?

大和川の直線にさ・・・大猫が出るってウワサ、知ってるかい?

猫好きアラフォーローディーの日常です。
平坦好き!坂キライ!
南河内CL、グリーンロード、堺浜あたりによく出没してます。
かなり年季の入ったバイクライダーでもあります。

FGOもプレイ中。


テーマ:

今日は少し走った帰りに、いつもお世話になってる長居のアウグーリオさんへ。

そう、日本一早い?TIMEの新型ヒルクライムバイク、ALPE D’HUEZ(アルプデュエズ)の試乗会が開催されているんです!

ALPE D’HUEZは2/1に発表されたばかりのTIME史上最軽量のヒルクライムバイクです。

実はまだ日本には2台しか入ってきてないんです。

その内一台がこのアウグーリオに・・・いつもの事ながらスゴイなw

このお店は通称「TIME博物館」とも呼ばれています(;´∀`)

 

 

TIMEには現行で3機種のバイクがラインナップされています。

・サイロン 平坦専用の最強エアロ 重量950g

・アイゾン オールマイティなレースバイク 重量920g

・フルイディティ エンデュランスモデル。ワタクシの愛車 重量950g

※フレーム重量はすべてSサイズ

 

それに対してアルプデュエズは重量840g

アイゾンに代わるヒルクライム兼オールロードモデルとして誕生しました。他社だともっと軽いヒルクライムバイクはあります。

TIMEももっと軽く出来た(というかTIMEいわく軽くするだけなら簡単)らしいのですが、剛性や乗り心地とのバランスを考えるとこれぐらいだろうと。

UCIルールの最低重量6.8kgを考えると、コレでも十分ではあります。

ボクのF8 DOGMAでも6.6kg(フレーム重量890g)ですからねw

 

 

おー!50台限定のリミテッドじゃないですか♪

フロントはアクティブフォーク搭載ですね。

さっそくスピードプレイペダルをフルイディティから換装してもらいます。

店長から「漕ぎ出しがびっくりするくらい軽いよ( ̄ー ̄)ニヤリ」と。

こりゃ期待できますねー!

 

 

さっそくテストです。

うん、コレは軽い。グングン加速します。めちゃ面白い!

あびこ筋に出て、回してみたらすごい進む感じ。

ダンシングしても剛性も高く、力が逃げない。

そしてサイロンのように脚に来ないw

サイロンは速いけど、ボクぐらいの脚力だと長続きしないんですよね。フレーム剛性が高すぎる感じ。それに近いソリッド感はあるけど、ちゃんとTIME独自の乗り心地!

いつまでも乗ってたいと思いました。

コレ、山で乗ったら面白いんだろうな~♪

 

まぁライトウェイト・マイレンシュタインに電動デュラ9150の組み合わせはある意味反則ですよねw

 

 

せっかくなので、お返しする前にヤンマースタジアムでパシャリ。

かっけぇなぁ、コレ♪

 

グラフィック自体は前のが好きなんですが(;´∀`)

わかりやすい「TIME」ロゴが懐かしいw

 

奇しくも同じフランスの某LO○Kのヒルクライムバイク、ヒュエズと名前がカブりましたw

TIMEいわく「ウチはちゃんと地域の許可ももらってる。名前がカブってびっくりした」だそうですが(;´Д`)

 

そしてフロントはアクティブフォーク。

前より細くなった?と思ったのですが、サイズはまったく一緒だとか。

グラフィックは地味になりましたね。

重さ感は感じず、乗り心地は極上。

アクティブフォーク装着を前提に開発したんでしょうね、きっと。

 

 

さて長くなりました。

ボクの愛車達や試乗した最新のライバルとの比較は明日にまた書きたいと思います。

新型ターマックや新SLR-01との比較なんかも書きますね( ̄ー ̄)ニヤリ

ライナー@猫好きローディーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ