【N.Y.】マンハッタン滞在、1日目(4) | 写真ブログAnneX

写真ブログAnneX

Yahoo!ブログから移転しました。
元々はUSJやディズニーの写真をベースにした毎日のブログでしたが、
移転を機にもう少し扱う幅を広げつつ、毎日更新にはこだわらずに進めていくつもりです。
これからよろしくお願いします。

マジック号を見送ったのち、向かった先はブロードウェイ。

セントジェームス劇場へ。
イメージ 1

まずはチケットのピックアップ。

それから開場時間まで、プレショーミールをとシェイクシャックへ。

イメージ 2


注文まで20分ぐらい?

イメージ 3

先にブルックリンラガーのビールをもらって、
ハンバーガーができるまで5分ぐらい待ちました。

記念すべき、初シェイクシャック。
イメージ 4

今まで食べてきたものをハンバーガーと呼ぶのなら
これはもう「おハンバーガー様々」と呼ぶしか…!!!

500kcal超えてても、食べちゃうわ。
とはいえ、さすがに700kcal超えてるチーズポテトは避けました。

ちゃんと値段を出せば、美味しいんですよね、ニューヨークも。
でもまあ、ハンバーガー…


開場時間も来たことですし、劇場に戻ります。

イメージ 5

FROZEN。「愛は勝つ」。

とても心配していたことがありました。
それは「劇場内、ドラえもん上映中状態」というウワサ…。

PLAYBILLにはさまれた
「上演中は歌うなしゃべるな踊るなおとなしくしていろ」と言う注意書き。

まさしく不安的中。

とくにLet it go の最中では最前列の女児が
スヴェンのぬいぐるみを振りかざして踊り
それに気を取られて相方は衣装代わりの瞬間を見逃す。

ラストシーン近くでは中央ブロックにいる幼児が大声で
この先の展開をしゃべりだす。
(そして、劇場スタッフがすっ飛んできて幼児探しを始める)

ストーリーも、少し舞台用にいじくってあるんですが
あんなにアナが(いくら閉ざされた城内育ちだとはいえ)世間知らずで
能天気で考えなしでいいのか? 第二王女でしょ?
あの時代なら、国益を見込んだ婚姻に優位に出るために
しっかりとした教育を受けていたんじゃないの…?

あと、演出がWiCKEDをめちゃめちゃ意識してるなあ、と感じました。

まあなんというか、トニー賞とれなかったのもうなずけるなあ、と。
これを書いている2019年6月、すでに空席が目立っているようです。


グッズショップは雪や氷のイメージなのか白や青系のものが多かったです。
イメージ 6

フードにファーのついたパーカーにも心揺らぎましたが
プログラムとCD、不織布のトートバッグのセットを購入しました。

せっかくなので、ペーパーバッグもつけてもらないか尋ねたら、OKでした。



劇場近くのジャズクラブ、バードランドに
当日のPLAYBILLを持参すると最終公演のミュージックチャージサービスというので
行ってみようかと思っていましたが、まだだいぶ時間があるようなので断念。

イメージ 7


いつか、行ってみたいものです。




1日1回、ぽちっとお願いします。
人気ブログランキング