上を向いて探そう♪  | NPO法人ねこけん 千葉支部 Official Blog

NPO法人ねこけん 千葉支部 Official Blog

NPO法人 ねこけん千葉支部
野良猫ゼロ・殺処分ゼロを目指し「ねこけん千葉支部」が設立されました。

2011年9月22日に立ち上げた猫ボランティア団体『NPO法人ねこけん』全国展開の第1弾!『ねこけん千葉支部』の公式ブログ

皆さん、こんにちは。
 
先日、母猫と仔猫の捕獲へ行ってきました。
あるお宅の庭に母猫が現れ、保護主さんがお腹を空かせているであろう母猫にご飯をあげたところ、1匹、1匹と仔猫を咥えてお庭に総勢5匹の仔猫が集まってきました。
 
保護主さんは既にご自宅で10匹以上の猫を保護していた為、さすがにこれ以上の保護はできないという事で、ねこけんに相談されました。
 
そこでねこけん捕獲部隊の出動ですグー
捕獲器をお庭に仕掛けた所、母猫はよほどお腹が空いていたのでしょう。すぐに捕獲器の中へ入りました。
残りは仔猫5匹。
しかし、母猫がいなくなった為、仔猫は焦り散り散りに走り回って逃げ惑っていましたアセアセ
運よく、捕獲器の中へ入った仔猫2匹と、ボラが必死になって手で捕獲した1匹をキャリーケースへ移し、残りの2匹を探します。
 
「この車の下へ入ったよ!」と保護主さんがおっしゃるので、這いつくばって車の下、タイヤを確認すると、なんとタイヤのホイールの中に仔猫の姿が!!
「あ~!痩せとけばよかったチーン」と今更後悔しつつ、ムチムチした手をタイヤの中で突っ込み手の甲の擦り傷もお構いなしに奥にいた仔猫を掴みました。
(※車の持ち主さん、ごめんなさいアセアセ。緊急事態でした。)
暴れる仔猫に私の手も限界に滝汗
「手を放すよ!捕まえてね!」
手を放すと仔猫は一目散に逃げ、塀の陰へ隠れました。
また狭い塀のコンクリートに手をつっこみ、手の甲がさらに擦り切れ(本日2回目)やっと仔猫をキャッチしました。
 
「残り1匹!寒いから絶対見つけてあげよう!」
捕獲隊、再び奮起して残りの仔猫を捜索します。
 
捕獲する私達を見ていた近所の方が、「あっちの方へ逃げていったよ!」という方面を重点的に探しますが一向に見つかりません。
「どうしよう。見つからない。1匹じゃ絶対生きていけない。何がなんでも見つけないと!」
 
そしてついにその時はやってきました。
 
「ん・・・・?!」真顔
1人のボラが何かに気づきました。
 

「え~~~~!!!!!ちょっと急いで来て!!!」ポーン
 
まぁ、なんという事でしょう。
よく見て下さい。
仔猫が木の一部になっています。
いや、木に挟まって動けなくなっていますゲッソリ
 

さすがに仔猫も「早く助けて・・・。」といった顔でボラを見上げていました。
 
その日の捕獲後、捕獲隊で「下ばかりじゃなくて、上も向いて探そう!」という次へ生かす教訓がでました笑い泣き
 
この木に挟まっていた子は、仮の名前は木だけに「ウッディ」。
残りの4匹も「バズ」、「ロッツオ」、「ケン」、「スリンキー」とトイ・ストーリーの名前がつけられました。





保護主さんには母猫、仔猫の避妊去勢手術代に、仔猫の預かり金を支払っていただきました。
保護主さんは今まで保護した猫ちゃんは動物病院へ行って手術をなさっていたそうです。
通常の動物病院よりはるかに安い金額で、ねこけん千葉支部では毎週木曜日に一斉手術を行っています。
なので、金額をお伝えしたところ、保護主さんは「そんなに安いの?とてもありがたいです。」とうっすら涙をうかべていました。
 
安いといっても猫を複数同じに手術するとやはり数万円はかかります。猫を保護して手術をさせてあげたくても、やはり金銭面で厳しいと躊躇されると思います。
1匹だったらどうですか?
なんとかなりませんか?
手術は同時に行うのが理想ですが、とりあえず1匹でもよいと思うんです。
 
私の思い込みかもしれませんが、猫って人を見ていると思います。
この人は優しい人だなぁというのがわかっているような気がします。
今回の保護主さんの所へ母猫が1匹、1匹と仔猫を連れてきたのも母猫が保護主さんを優しい人だと見抜いたんじゃないですかね。
 
もう12月になりました。
これからさらにお外の猫には厳しい環境になります。
このブログを読んでいる猫に優しい皆さんの元へ、猫ちゃんが現れたら、どうぞ優しい手を差し伸べて、さらにその先の幸せを考えて、是非避妊去勢手術の事も考えてみて下さい。
1歩ずつゆっくり、私達と一緒に進んでみませんか。

 


 

千葉支部のイベントにて
毎週木曜日に、一斉去勢避妊手術を行っております。

受付は、完全予約制となります。
詳細、手術をご希望の方は
下記問い合わせよりお問い合わせください。

 
 
 

猫しっぽ猫からだ猫あたま 黒猫しっぽ黒猫からだ黒猫あたま

 

千葉支部・譲渡会は

第2・4 日曜日開催

 

次回の譲渡会&ボランティア受付はこちら

↓↓↓

ねこけん千葉支部譲渡会

日時 2019年12月8日()

午前11時〜15時

 

千葉県市原市古市場614-10

ラジコンショップはっぴー様の奥です

 

JR内房線 浜野駅より徒歩13分

京葉道路 蘇我インターより車で10分

(駐車場あります)

 

地図

 

里親様へのお願い

(↑詳しくはこちらをクリック)

上記より、条件・契約書をご確認ください。

 

 

ダイヤグリーン譲渡会の日程とご都合が合わない方ダイヤグリーン

ご希望がございましたら、お見合いの日程を譲渡会とは別に設定させて頂きたいと考えています。

また、ブログやインスタで気になった子の質問等がありましたら

下記問い合わせよりお問い合わせください!

お待ちしています!!

 

 

 

猫しっぽ猫からだ猫あたま 黒猫しっぽ黒猫からだ黒猫あたま

 


 

ボランティアさん大募集

 

ねこけん千葉支部で、

一緒に活動しませんか?

 

出来ることを、出来るときに、出来るだけ!!

 

 

保護部屋での猫たちのお世話を

してくださる方を募集しております。

 

平日・休日ともに

午前  9時頃~13時頃

午後 16時頃~20時頃

家事やお仕事の後に 1、2時間程度

又は休日にガッツリ!!

ボランティアに参加してみませんか?

とっても癒されますよラブ

 

一緒に猫ちゃんを幸せにしませんか?

 

県内の預かりボランティアさん

ミルクボランティアさん

随時募集中!!

 

 

ボランティアご希望の方は

譲渡会にて受付を行っております。

譲渡会へお越しください。

 

譲渡会へ来られない方も、下記問い合わせより
お問い合わせください。

 

 

 

猫しっぽ猫からだ猫あたま 黒猫しっぽ黒猫からだ黒猫あたま

 


 

 

いつもねこけん千葉支部をご支援いただきありがとうございます。

 

皆様のご支援のおかげで、猫達も快適に過ごすことができています!!

 

ねこけん千葉支部では、特に消耗品である猫砂・フードが常に不足しています!

 

保護猫さんたちのために、よろしくお願いいたしますキラキラ

 

 

↓こちらのほしいものリストより、商品と、送り先に「NPO法人 ねこけん千葉支部」を選んでくださいお願い

 

 

 

猫しっぽ猫からだ猫あたま 黒猫しっぽ黒猫からだ黒猫あたま

 


 

ねこけんでは怪我や病気の猫さんも多数抱えています。

いつも皆様へはお願いばかりとはなってしまいますが、猫さん達の治療費のご支援もよろしくお願いいたします。

 

振込先:みずほ銀行 練馬富士見台支店(237)

NPO法人 ねこけん 

普通:1363575

 


 

 

 

 
のの
 
 
 
 
らら
 
 

 

 

 

メバル

 
 
千葉支部の里親募集中の
猫さんを紹介しています
 ⬇︎⬇︎⬇︎
 

↓いつでも里親募集中さんへはこちらをクリック↓

いつでも里親募集

 

↓ペットのお家さんへはこちらをクリック↓

ペットのおうち

 

 

↓ネコジルシさんへはこちらをクリック↓

ネコジルシ 猫の里親募集

 

 

 

スティッキー

 

 


 

 

 

 

お問い合わせはこちらまで→https://nekoken-chiba.com/contacts/

 

 

 

 

facebook ねこけん千葉支部FaceBook facebook

twitter ねこけん千葉支部Twitter twitter

instagram ねこけん 千葉支部インスタグラム instagram

 

 

 

○ねこけん東京本部ブログ○

 

○通販コーナー○

「殺処分ゼロ」「野良猫ゼロ」へ!!

月会費¥460

皆様から頂く「会費」を

犬猫の不妊去勢手術“無料”ねこけん動物病院

の運営費に充てさせて頂きます。

登録はこちら!

 

 

○一斉手術にご協力いただいている先生の紹介○

<<武蔵野の森どうぶつ病院>>

 

 

○ご紹介コーナー○

 

迷子にさせない!もしも迷子になってしまったら、保護された子達を探しましょう!

新しい家族を探している可愛い子達もいますよ家

 

 

↓こちらのバナー及びリンクをクリック↓


 

長生保健所 | ペットや動物に関すること

 

保健福祉局健康部生活衛生課動物保護指導センター