みなさんこんばんわ☆
今日から月曜日、みなさんどのようにお過ごしでしょうか??
BOKUは相変わらずの日々を過ごしています。
ずっと自宅療養しているとだんだんと寂しくなってきますねー(笑)
かといって足が痛いので、出歩きもできない。
ってか出歩くことが出来るくらい回復したなら会社行けって話ですけど(^_^;)
夜寝れないのが辛いですね。
30秒くらいですぐ熟睡できる人が本気で羨ましいです。
 
 
さて、先日の話。
 
5日遅れでバレンタインのブログでも書きましょう。
 
2月14日。
当然、自宅療養してるBOKU宛てに小包が届いた。
 
んっ?
 
チョコでした!(^^)!
 
{3377B58B-CFE4-421C-9D0C-3980CF9F89F5}

 

送り主は、BOKUが小学生の時新大に入院していた時当時23歳の一緒に入院していた兄貴的な方のお母さんからでした。

お母さんと言っても、今ではもう当たりまえですがおばあちゃんです。

 

入院していた当時は、常にその兄貴的な方にくっついて何をするにも金魚のフンのようについていっていたBOKU。

めちゃくちゃ優しくてね。

今思えば23歳の青年が小学生から常にべったりとか非常にめんどくさかったり、疲れていたかもしれません。

BOKUも逆の立場だったら絶対疲れると思うし(^_^;)

ところがその兄貴的な方はすごくいつもニコニコしてて、優しかったんですね。

手術した後なんか病室から動けずにいると、わざわざお菓子とか持ってきてくれて部屋に訪ねてきてくれたりね。

あの時は嬉しかったなー。

BOKUが先に退院した時には外来の時にお見舞いにも行きました。

 

そんな兄貴の病名は骨肉腫という、いわゆる骨のガンでだいぶ頑張ったんですが亡くなられました。

住所も交換したりなど、年賀状のやり取りもしていたので、必然的に彼のお母さんとのやり取りになりました。

BOKUが大人になった時、両親と彼の実家に彼の仏壇に手を合わせにも行ってきました。

新潟の小千谷市というところで、雪深い所でした。

 

あれからもう25年位経ちますが、今でも彼のお母さんと年賀状のやり取りをしています。

そんな彼のお母さんからのバレンタインのチョコ。

よくもまぁBOKUの事を思い出してくれたなと。

凄く嬉しかったり、感激してしまいました。

 

もし逆の立場だったら年賀状のやり取りだけの人と思い、そこまで自分はしなかったかもしれません。

ですが彼のお母さんは違ったんですね(^^)/

人として相手を思いやる気持ち、心の温かさを教えられた気がしました。

BOKUもまだまだだなという気持ちになりました。

 

BOKUもこれから何十年も生きていくと思うけど、やっぱり人としての心を忘れたら終わりだなと感じました。

相手を思いやる気持ち、ありがとうやごめんなさいを素直に言える人間に。

これからも日々成長していきたいな思った一日でした。

 

ホワイトデーは何を送ろうかな。

お年寄り夫婦だから、今から喜びそうなものを考えて来月贈りたいと思います。

 

心がほっこりした一日でした。

 

読者の皆さん、最後までおつきあいありがとうございました(^^♪

 

 

 

 

 

↓ブログランキングに登録しています。読み終えたらポチっと押してくれたら嬉しく思います☆

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ にほんブログ村

人気ブログランキングへ 


山形県ランキング