竹島さんのモッツァレラ

テーマ:
ちょっと前ですが、貴重なチーズが手に入りました。
 
竹島英俊さんという、アルケッチャーノにいた日本一のチーズ職人と名高い方の作ったモッツァレラチーズです。
やくけっちゃーのというお店に前いらしていた時に、いつもお世話になっているうめかわさんとが繋がり、うめかわさんを通して購入出来た次第です。
 
竹島さんの経歴が他のブログに掲載されていたので、ちょっと文章拝借します。
 
↓こちらより
竹島さんは東京出身でありながら、
かつて日本でただ一人の水牛農家として
独学でモッツァレラチーズ作りを始めた人である。

2004年に単身イタリアに飛び、
チーズ工場を訪ね歩いては
身振り手振りで修行させてくれと交渉して修行を重ねた。
2007年に帰国してから、本場の味にこだわり水牛探しを始め、
やっとイタリア産の水牛を輸入できることになったが、
今度は、水牛を飼う許可が下りる土地がない。
やっと見つかったのが宮崎の山奥だったそうだ。

試行錯誤の末に、新鮮なモッツァレラチーズ作りに成功。
そのフレッシュな美味しさが評判となり、
東京などのイタリアンレストランから引っ張りだこだったという。
モッツァレラチーズで大切なのは新鮮さ。
その日のうちに食べてもらうことにもこだわって、
午前2時に起床して乳を搾り、明け方から製造を始め、
10時には飛行機で出荷していたとのこと。

しかし、2010年の宮崎県で起きた口蹄疫問題
竹島さんは正直にいち早く水牛の異変を通報したことで、
県から口蹄疫の感染元かのような誤解を受け
飼っていた42頭の水牛を全て処分されてしまった。

その後、福岡で皿洗いのアルバイト、
友人のラーメン屋での修行を経て
2011年には東京に戻ってラーメン屋を開店。
無添加のラーメン作りをしながらも、
チーズ作りの夢は諦めなかったそうだ。
 
そして現在は北海道にて水牛を飼い、モッツァレラチーズを作っておられます!!!
 
作りたてのモッツァレラチーズを翌日には手元に届きこうして食べられる幸せ。
イタリアでなければ味わうことが出来ないモッツァレラチーズをしかも作り立てを味わえるなんてこの上ない幸せ(*‘∀‘)
 
前置きが長くなりました。
 
それでは…
 
じゃじゃーーん!!!
 
{0D785A96-2056-46D4-9754-ADD1433FDB29}

 

 
{2E3E2C84-DDC4-4E2C-BF4E-F5E92114DD61}

 

シンプルにありのままをを味わうために切って、オリーブオイルと塩コショウで頂いてみました。

 

{92A44666-37B1-4F6E-9675-A2BA882DA470}

 

 

これはっ!

んまーーーーい(*‘∀‘)

 

クセが全くなく、シコシコとした食感が何とも言えない、まるでお豆腐を食べているかのような感覚になるようなフレッシュなチーズでした。

これにちょっと濃い目の白ワインなんか合わせたら最高です。

 

美味しかったです。

 

次回はいつ入荷するかわかりませんが、気になる方はうめかわさんに問い合せてみるのも有かもしれません。

 

ごちそうさまでしたー(^^)/


和洋酒うめかわ
http://www.umaisake.ne.jp/

 

 

今日のゆーぼーソング音譜

小沢健二 - ぼくらが旅に出る理由(Single Edit)


ようつべカスタマイザ

 

 

 

 

↓バナークリックしてくれたらブログ書く意欲が上がりますwwよろしくデス(*‘∀‘)ビシッ!

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

山形県 ブログランキングへ

ラーメン ブログランキングへ

AD

コメント(4)