「自然の風景」や

「神社仏閣などの聖地」

「アートジャンル(イラストや写真)」を愛し

ときに見えない世界に感応する

 

スピ好き占い師・「晶來(あきら)」です。

 

===============

 

Youtubeにて無料の

もみじタロット&オラクル占い動画もみじ

を配信しています。

どうぞ ご視聴くださいね^^

 

↓最新のアップロードはこちらです↓

 

 

 

===============

 

津島神社の参拝後、

 

ちょこちょこと

見えない世界での面白いことが(笑)

あったので

 

記事にて記録しておこうと思います^^

 

よかったらお付き合いくださいね。

 

 

 

初めてお参りする神社を

実際に訪れる前に

 

そちらの神社のご眷属さんや神様と

あらかじめ、

エネルギーでやりとりできることがあります^^

 

 

 

 

私は「外出をする」のに

ある程度の「心の準備」と「気合」と

「体力」が必要なタイプで

 

一応、免許は持っているんだけれど

へたくそすぎて

車も運転できなくって汗

(脱ペードラ練習は挫折しました・・・)

 

自分に必要な用事以外では

遠方には

極力、出かけません。

 

 

 

ですから、ご縁があって

神社仏閣や聖地を訪れる場合

 

「なぜ」

 

自分がそこを訪れる必要があるのかを

ある程度、事前に

チェックしておくようにしています。

 

 

もし、そこで果たし損ねた行動があったとしても

「さくっとまた行く」という

フットワークの軽さがないから…(^▽^;)

 

 

 

訪れるべき水面下の理由は

さまざまでですし

 

探ったとしても

特にわからない場合もありますが

 

「過去生からのご縁の結び直しのため」や

「過去生の記憶の回収のため」や

「魂が決めている目標プランの遂行のため」だったり

 

「力になってあげるから、祈願しにおいで」

 

という要件で

引力がかかっている場合が多く

 

 

祈願を求められている場合は

 

ヘタに遠慮して、

ただの挨拶だけで終わって帰らないように

気を付けています。

 

 

 

以下は、私の個人的な感覚による持論ですから

真に受けず、

自分はどう感じるか、ということを大切に

読んでいただければと思います^^

 

 

 

私たちの魂には

今世だけではない、たくさんの記憶があり

 

その中には

私たちが思う以上に

 

私たちを応援したいと思ってくれている

ご神仏とのご縁が含まれているものです。

 

 

そういった

過去生からのご縁による

「あなたを応援させてね」という

神社仏閣・聖地への「引き」もあれば

 

神々同士のネットワーク

仏さま同士のネットワークにより

 

自分とご縁のある神仏が

 

「これこれ、こういう学びや貢献をしたいと望んでいる

〇〇という者がいるので、力になってあげてくれない?」

 

と、別の神仏に紹介してくれたことによる

霊的世界のネットワーク由来のご縁からの

「あなたを応援させてね」の「引き」もあります^^

 

 

 

けれど「秩序あるご神仏の世界」には

 

基本的に

 

「人間に対して、勝手に関与・干渉してはいけない」

 

というルールがあり

 

本人が、自分の意思・自分の言葉で

直接祈願してはじめて

「最大限に応援できる」

というシステムがあるのですね。

 

 

 

なぜ

「人間に対して、勝手に関与・干渉してはいけない」

というルールがあるのかというと

 

現在の地球の「主宰神」が

『人間』だからです。

 

私たちは「人間」という種類の

 

「地球で最も中心となって

世界を運営してゆく権利を持った神」

なんですね。

 

 

霊的な愛や

真理や知慧の成熟度でいえば

 

秩序ある霊的な世界の

ご神仏の方々は

 

私たちが自然と頭を下げたくなるような

高い位格にいらっしゃるのはもちろんですが

 

こと、地球での

絶対の主導権を持っているのは

「未成熟な神々である、私たち人間」

なのです。

 

 

これは、霊的な世界での

大昔からの取り決めによるもののようです。

 

 

ただし、現世での法律や一般常識が

時代に合わせて移り変わってゆくように

 

霊的な世界での秩序も

改革があったりもしますから

 

これからの人間の行動如何によっては

主宰権がなくなってしまうかもしれませんけどね(^^;)

(暴走する主宰神…)

 

 

現時点では

ご神仏にどんなに強い御力があったとしても

 

彼らは地球という場所での文明を創造・運営してゆく

ひとりひとりの人間の営みや

魂が決めてきた人生プランの主導権を

勝手に握ってはいけないし

 

不用意に干渉してはいけない

ということになっているのです。

 

 

許されているのは

「依頼された時に(間接的に)導く」ことや

ひとりひとりがこの世で果たしていく役割を助ける

「サポート」だけ。

 

 

ですから、

 

「これこれ、こういうわけで

自分はこういうことに取り組んでいます。

援助(応援)していただけませんか」?

 

という「祈願」をはっきりお伝えした方が

 

ご神仏の側としても

私たちをしっかりとサポートしやすいのです^^

 

 

 

たとえ具体的な祈願をしなかったとしても

 

エネルギーを補給してくださったり

眷属さんをつけてくださったりと

 

神仏の世界での人間に対してのルールに

抵触しない範囲で

 

いろいろと考慮してくださり

 

応援の便宜ははかってくれたりするので

けして無駄にはならないのですが

 

 

せっかく訪れるのであれば

お互いにとって最も効率の良い

エネルギーの交流・交歓をして帰りたい、

 

という気持ちで

お参りしています^^

 

 

 

というわけで

「津島神社」に訪れる際にも

 

「私は津島神社に何をしにゆくのかな?」

 

という「目的」の部分を

 

ある程度、把握しておこう~

というところから

気持ちはスタートしました。

 

 

 

前置きが長くてごめんなさい(^▽^;)

 

つづきます。