✩伝えたいことがあります。

「風火家人の道」

「視えない世界とタッグを組んでいこうよ」

 

✩占術・言霊メッセージ お知らせ✩

2/20 

オーダーの順序を前後させていただきます。

3番目のMさん より先に

4番目のKさんの制作に 取り掛からせていただきますので

よろしくお願いいたします^^

 

○○○○○○○○○○○○

 

 

こちらの記事の 続きです^^

 

○○○○○○○○○

 

 

「弘法堂」です^^

 

こちらの堂内からは (あ~。どうぞ、どうぞ^^)という感じの

とても気さくな明るい雰囲気が漂っていました。

手を合わせると

朗らかに喜んでくださっているようで^^

「空海さん」ではなく、

わりと若めの僧侶さんが いらっしゃったような気がしました。

 

スピ友さん方からは

 

手を合わせて熱心にお経をあげている、

信仰心の厚い僧侶の方がいるようだと

空海さんにも、道が繋がっていそうだと。

 

総合すると…

信仰心が厚く、

参拝者の信仰心を 朗らかに喜んでくださる僧侶さんがいて、

ふだんはこの堂内で 空海さんを拝んでいるのかな?なんて。

 

境内の奥に、「龍頭稲荷」さんがあります。

 

 

昭和の初期に 伏見稲荷から勧請されたお稲荷さんのようです。

 

伏見稲荷の山の神(地主神)「荷田龍頭太」に

涙アンテナが反応するので 

「龍頭稲荷」というお社の名前からしても

何か関連のある方が 神様としていらしているのかもしれません。

 

関善光寺内で「パワースポット」として人気がある場所だそうです^^

 

いなり寿司をお供えに持参したのですが

鳥居をくぐると、

喜んでくださっているような気配を感じました^^

 

少し厳しさも感じますが

人間の「諸願」について、龍頭稲荷さんなりの

しっかりした考え方をお持ちで

最善を見極めて 成就のために動かれるお稲荷さんだという気がしました。

 

 

私には、ご眷属さんの気配と

お社の奥に おじいさん??的な方がいらっしゃるような感じがしましたが

どうなんでしょうね^^

 

この日の一番の目的の参拝だったのに…

ほとんど何もわからない私(笑)

 

赤い鳥居の下に置かれている小さな白狐の置物に

何度も目が行き 置物に向かって微笑んでみました^^

 

龍頭稲荷さんは、写真を撮り忘れて

いったん立ち去ったあと、また戻って参拝したのですが

写真とブログでの紹介は

(いいよ、いいよ^^)という感じで

むしろ喜んでくださっているようでした^^

 

スピ友さん方からは

この「お稲荷さん」が他の写真よりも すこぶる強く反応があると。

 

また、腕を組んで見ている稲荷さん、

四つん這いでニコニコ走り回ってる稲荷さん、

自分の肩を抱いてとても楽しそうにピョンピョン飛び回っている稲荷さん

とても大きくてどっしりしていて 微笑んでいる稲荷さん

がいる感じがする、と。

 

ご眷属さん方の様子かな^^

どっしりして、微笑んでいる方が、もしかして私が感じた

「おじいさん」的な方なのかな?

 

それにしても、走り回ったり飛び跳ねたりなんて(笑)

微笑ましく可愛いご様子に、と嬉しく、ありがたく思いました^^

 

個人的には、「腕を組んで見ている稲荷さん」と教えてもらった時に

柱のようなものに寄りかかって、私を見つめている

スラッとした格好いい白狐の顔をした男の方の映像がよぎり、

おぉっ… クール。と思いました(笑)

 

あっ。でも これはただの妄想ですラブラブ!

 

「関善光寺」も「龍頭稲荷」さんも

大好きな場所のひとつになりました(*^_^*)