seria
アンティーク
ハンギングバスケット2連をリメイク
{9835417D-2122-4FB7-A114-1F2C6AF0C820:01}





上段のバスケットを外し、
下段のバスケットと重ねて
ワイヤーで留めます
{7248974C-6C90-4B89-A3EC-07EA73D742EB:01}





フェイクの葉っぱを絡ませます
{333E1E49-4F50-4917-837B-C99209AAF24D:01}





こちらは
seriaのLEDキャンドル
{07767AFB-F0CB-4879-8533-DCB60D049860:01}





カバーの中の
キャンドルを使います
{84DDFA09-2CAC-492B-AF17-98F93FC88024:01}
このキャンドルを
バスケットと組み合わせるのですが、
白いままだと浮いちゃうので……





黒いビニールテープを貼ってみました
(ビニールテープはダイソーさん)
{D2CA19C3-ADCD-4DD6-8DB1-169233CBEC75:01}
マスキングテープを貼ってから
ビニールテープを貼っているので、
後でテープを剥がす場合には
簡単に剥がすことが出来ます





seriaのマグネット粘着シートと、
家にあったマジックテープを用意
{335F70C4-9E6E-4861-8F1D-3ACDF91F7CF2:01}





キャンドルの下側の電池蓋部分に
マジックテープを貼り、
更に
カットしたマグネットシートを
厚紙に貼ったものをペタリ!
{0A207C08-8E4A-4A7D-B0AD-7B30880110C6:01}
バスケットの方にも
マグネットシートを貼っておきます
(そのままだと剥がれるので、
 反対側からもテープを貼って補強)





それぞれのマグネットシート同士を
合わせると…





ほら、この通り!
{1124ADA4-90B9-45BD-9F7F-CFD12BB4F8D3:01}
ちょっと大人な
ハンギングライトの出来上がり





さて、なぜマグネットシートを
わざわざ貼ったのか?


バスケットに乗せておくだけなら
別に必要ないんじゃないの?


…って、疑問に思いましたよね?





その訳は、コレです↓
{E6B27F71-C35A-4B84-BCE8-5217A4AAA4E4:01}
ひっくり返して
ペンダントライト風にも
使えるようにしたかったからです!


キャンドルは
本体の下側にスイッチがあるので、
取り付けたマグネットシートからは
マジックテープで外せるようにして
点灯が簡単にできるようにしたのです





これらのパーツは
テープやワイヤーで
くっつけているだけなので、
簡単に現状回復も可能


バスケットに絡める
葉っぱの種類を変えたり、
キラキラしたビーズを付けたりしたら
また違った雰囲気に
なるかもしれませんね(^^)





これから季節は秋

窓辺にライトを吊るして
秋の夜長を楽しみたいと思います(^ ^)