【ぼくらの7日間戦争】がアニメ映画となって令和に降臨!2019年12月公開! | アニメ映画情報ブログ【 ねじまき恋文のヤブレター 】

アニメ映画情報ブログ【 ねじまき恋文のヤブレター 】

見るとアニメ映画知識が
ちょっぴり増えるラブレター。
リブログ/リンクフリーですので
お気軽にどうぞ。

 

■2019年に滑り込みでまたもや新作アニメ映画!?「ぼくらの7日間戦争」の公開が発表!

ただでさえ今年は多いと言っているのに、またもや新たなアニメーション映画の公開が発表されました。

「ぼくらの7日間戦争」がアニメーション映画として2019年12月公開が発表されました。

 

 

 

ビジュアルや音楽から、雰囲気に「君の名は。」感が漏れてるところから、例によって「君の名は。」の成功後に企画が動き出した作品の一つである予感がします。

 

 

 

 

監督を務めるのはTVアニメの「ドリフェス」「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」といった作品の監督を務めてきた村野佑太監督が、劇場版アニメ初登板。

脚本を「コードギアス」シリーズや「甲鉄城のカバネリ」などでシリーズ構成を務めてきた大河内一楼さんが務めます。

 

 

 

 

すでに公式サイトや公式Twitterアカウントも稼働スタート。

夏休みアニメ映画前の予告編にぶち込む想定でしっかり動いております。

 

公式サイト:7dayswar.jp

公式Twitterカウント:https://twitter.com/7dayswar_movie

 

 

■そもそも「ぼくらの七日間戦争」ってなんなの?

そもそもこの「ぼくらの7日間戦争」という作品、聞いたこともあるという人も多いと思うのですが、実は非常に長く親しまれている作品だったりします。

もともとは1985年4月に発行された宗田理さんによる文庫書き下ろし小説。

その後、1988年にそれを原作に実写映画化を果たし、宮沢りえさんの主演第1作として公開されました。

 

言うて私もこの世代じゃないので、馴染みはまったくないです。

 

その後も原作は「ぼくら」シリーズとして、どんどん派生していきます。

登場人物や設定を変えて中学生や高校生、新・シリーズなどその世界観を広げていき、メディアミックスもゲームや漫画、さらには他作品とのクロスオーバーなんかも果たしていきます。

実は古典の一つというよりも、むしろ近年までも全然活躍していたシリーズなんですよね。

 

「2年A組探偵局」というシリーズとコラボ!・・・って作者が同じなのね。

 

 

そんな流れからの今回のアニメーション映画化。

今回のアニメーション映画もかつての実写映画版とは違い、2020年を舞台にした物語となるそう。

「時をかける少女」のように、“今”の世代にとっての「ぼくらの七日間戦争」と成ることができるのかに注目です。

年末は洋画アニメの大作が多数控えてますが、そちらとしっかり渡り合えるのかも、心配ですね。

 

 

ぼくらの七日間戦争

実写映画。

 

 

ぼくらの七日間戦争 (「ぼくら」シリーズ)

文字で読む。

 

ぼくたちと駐在さんの700日戦争

違うの。

 

◆関連記事◆

 

【空の青さを知る人よ】超平和バスターズ×川村元気Pの驚きの組み合わせの新作が発表!

 

【妖怪ウォッチJam妖怪学園Y猫はHEROになれるか】劇場版妖怪ウォッチ6決定!

 

【サイダーのように言葉が湧き上がる】発表!Flying DOGが長編劇場アニメに殴り込み!