【ドラえもん月面探査記】の感想&中国上映が決定というニュース | アニメ映画情報ブログ【 ねじまき恋文のヤブレター 】

アニメ映画情報ブログ【 ねじまき恋文のヤブレター 】

見るとアニメ映画知識が
ちょっぴり増えるラブレター。
リブログ/リンクフリーですので
お気軽にどうぞ。


テーマ:

■「ドラえもんのび太の月面探査記」を滑り込みで観てきましたよ!

 

GWシーズンの終了間際・・・なんとか滑り込みで行きました。

 

 

 

映画ドラえもん のび太の月面探査記

を観てきました。

 

 

 

劇場版第39弾。

監督は「新・大魔境」、「新・日本誕生」の八鍬新之介監督。

脚本にはドラえもん映画初登板のドラえもんフリーク、辻村深月さんが名を連ねています。

 

 

 

本作、観てきた感想をざっくり一言でいうなら

良作。

 

という感じの手堅い一本でした。

 

 

人類未開の地に来て神様遊びする独特のワクワク感はドラえもんらしい魅力!
おやつのくだりなど、短いセリフの中でそう活かすか!と膝を打つ瞬間もあり、感心しました。

 随所の和テイストなデザインなども面白くて、結構デザインでも魅かれる部分がありました。

和推しな感じは「あした世界が終わるとしても」も思い出しましたよ。

 

かぐや姫フィーチャー。

 

 

ただ、結構なんでも台詞で述べ切ってしまうところに物足りなさを感じたりもしました。

語っちゃえば子どもも受け取りやすいとは思うけど…果たしてそれが目指すべき“子供向け”なのかは疑問に思ってまして、もっとセリフの向こうの内心やビジュアルで見える部分などで魅せて欲しい!なんてことは思ったりしました。

 

 

あとルナちゃんは可愛い。

 

 

本作、実は先月末に一回鑑賞して中盤寝てしまうという失態をして、わざわざ二回目を観た作品であったりもします。

一回目はすごく眠かったのに、今日は普通に楽しめたので、やっぱり寝ちゃう=つまらないではないのかもしれないですね。 

めちゃおもしろいと眠気は吹っ飛ぶんですけど、そこまでの面白さではなかった…というところも本作の按配なのかも。

 

 

■「月面探査記」が中国上映決定!今年も手堅く上映が実現。

 

 

 

そんな、「ドラえもんのび太の月面探査記」「哆啦A梦:大雄的月球探险记」のタイトルで、早くも中国上映が発表されました。

 

 

公開日はアニメ映画激戦シーズンとなる中国のこどもの日にあたる6月1日。

この時期はアニメ映画などが多数上映されまして「ゴジラキング・オブ・モンスターズ」「きかんしゃトーマスGO!GO!地球まるごとアドベンチャー」「UglyDoll」「せんすいかんウーリー」、そして「しまじろう」といった多数の作品とぶつかります。

 

 

 

ライバル多しといえど、ドラえもん映画は「コナン」「しんちゃん」といった作品が成し遂げられていない、毎年恒例の上映を中国で実現している唯一の日本アニメ映画ブランド。お客が入るのか・・・よりも昨年以上のスコアを目指せるのか?といったもっと前向きな目標を目指していきたいところです。

 

 

 

そしてライバルの「しまじろう」に関してはある重要な件があるのですが・・・それはまた別の話。

 

この映画、ある秘密があるのです・・・。

 

 

 

小説「映画 ドラえもん のび太の月面探査記」

小説版です。

 

 

小説「映画ドラえもん のび太の月面探査記」 (小学館ジュニア文庫)

こっちも小説。

 

 

ゲーム ドラえもん のび太の月面探査記 -Switch

これはゲーム。

 

◆関連記事◆

 

【ドラえもんのび太の月面探査記】2019年ドラ映画発表!昨年のペースを巻き返すべし!

 

【ドラえもんのび太の宝島】が中国公開スタートまもなくスマッシュヒット!

 

【マジンガーZ INFINITY】が大惨敗!日本アニメ映画の中国上陸2019年3月編!

 

 

 

ネジムラ89さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ